BIOHAZARD RE:4Gameゲームレビュー

『バイオハザード RE:4』体験版プレイレビュー!懐かしさを感じつつもプレイ感覚は新鮮、新要素”パリィ”を使いこなしたくなる!

BIOHAZARD RE:4

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カプコンは3月24日に発売予定の『バイオハザード RE:4』の体験版”BIOHAZARD RE:4 Chainsaw Demo”を3月10日に配信しました。対応機種はPC(Steam),PS4,PS5,SBOX SERIES X|S

本作は2005年に発売された『バイオハザード4』を現代に合わせたプレイ感覚と最新のグラフィックを用いてリメイクした作品。

体験版では主人公レオン・S・ケネディが訪れる”不穏な村”で遭遇する村人との戦闘を今作から追加されたアクション要素”パリィ”を交えて体験することが出来ます。

あくまで体験版なので全体のボリュームは控えめ、”不穏な村”での戦闘も原作同様戦っている内にあっさり終わってしまいますが、プレイの回数制限や制限時間が無いので1回のプレイで物足りなさを感じたら心ゆくまで楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

懐かしいけど新しさを感じる

体験版の冒頭では、レオンによる過去作バイオハザードRE:2からの回想から始まります。原作では英語音声でしかレオンの声を聞けなかったのが、本作では日本語でフルボイス!声優はRE:2と同じく森川智之さんが務めています。
また、グラフィックが向上しており、村のディテールが事細かに伝わってきます。例えば村人の家にある謎のスープ、グロテスク過ぎて画像は貼れませんがこういった所からも原作を越えた恐怖感を味わえました。

バイオ4の戦闘のコツである「頭部を撃って怯んだら近づいて近接アクション」「足を撃って膝を付かせる」など弾薬を節約できる戦い方が本作でももちろん可能。
敵の多い場所で活用すれば周りの敵も巻き込めダメージを与えられるので、原作未プレイの方は覚えておきましょう。

また、新要素の”パリィ”、敵の近接攻撃のタイミングでナイフを構えるボタン(PC版ではSpaceキー)を押すとパリィをすることが出来ます。成功させれば敵によっては怯ませられるので原作よりも戦闘の幅が広がっていると感じました。

戦闘に関して新要素はあるものの、基本的な戦い方は原作とあまり違いはなく、原作をプレイしたことのあるプレイヤーはスムーズに操作を行えると思います。

推奨スペックはやや高め

昨年11月にSteamのストアページが公開され、PC版の推奨スペックが発表されました。

必要動作環境

  • OS: Windows 10 64-bit (latest update)
  • CPU: AMD Ryzen 3 1200 / Intel Core i5-7500
  • RAM: 8 GB RAM
  • Video: AMD Radeon RX 560 with 4GB VRAM / NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti with 4GB VRAM
  • グラフィックオプション「パフォーマンス重視」設定で 1080p/45fps のゲームプレイか可能です。 ※負荷の大きい場面ではフレームレートが低下する場合があります。 レイトレーシングに対応する為にはAMD Radeon RX 6700 XTまたはNVIDIA GeForce RTX 2060のグラフィックボードが必要です。

推奨動作環境

  • OS: Windows 10 64-bit (latest update)
  • CPU: AMD Ryzen 5 3600 / Intel Core i7 8700
  • RAM: 16GB RAM
  • Video: AMD Radeon RX 5700 / NVIDIA GeForce GTX 1070
  • グラフィックオプション「画面品質重視」設定で 1080p/60fps のゲームプレイか可能です ※負荷の大きい場面ではフレームレートが低下する場合があります。 レイトレーシングに対応する為にはAMD Radeon RX 6700 XTまたはNVIDIA GeForce RTX 2070のグラフィックボードが必要です。

AmazonでNVIDIA GeForce RTX 2070を検索

前作のリメイク作品バイオハザードRE:3の推奨スペックと比べ1段階上のスペックが要求されます。
レイトレーシングを有効にする場合、RE:3はRTX 2060が必要でしたがRE:4ではRTX 2070が必要に。

当環境では、12700KF + RTX 3070、グラフィック自動設定:レイトレーシングで平均100FPS程度出ました。野外や敵の多い場所では80FPSまで下がりましたがプレイしてて特に気になる点はありませんでした。

急にFPSがガクッと下がったり、プレイに支障が出るほど重くなったりはせず、ある程度PC向けに最適化がされているようです。

AmazonでNVIDIA GeForce RTX 3070を検索

3月8日からはカプコンタイトルのセールが開催中、本作の主人公レオンが登場する過去作『バイオハザードRE:2』が最大75%OFFとなっているので、レオンの過去を知るにはちょうどいいタイミングではないでしょうか。

バイオハザード RE:4』3月24日に発売予定。対応機種はPC(Steam),PS4,PS5,SBOX SERIES X|S

CAPCOM PUBLISHER SALE
特設ページ:
https://www.capcom-games.com/sale/sale24-66hwy/ja-jp/