Web

Google Chromeが新機能『SGE while browsing』をテスト:AIによる記事要約で効率的な情報閲覧を提供

Web

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Chromeでは、人工知能を使ってインターネット上の記事を短く要約する新機能をテストしている。これは「SGE while browsing」と呼ばれ、まだテスト中だ。目的は、長いテキストブロックのウェブページを読みやすくすることだ。

Chromeで記事のページに行くと、Generateというボタンがある。このボタンをクリックすると、ブラウザが記事から重要なポイントを作成し、全ページを読まなくても内容を素早く理解できるようになる。

この機能は、2023年5月に導入されたグーグルのサーチ・ラボと呼ばれるものの一部だ。彼らは、多くのページを読ませる代わりに要約されたリストを与えることで、人々がより速く情報を見つけられるようにしたいと考えている。
つまり、ChromeでこのSGE機能を使うと、重要な情報がマークされたリストが表示され、読みやすく理解しやすくなるのだ。

この新機能は Search Labs の実験の一環として展開されており、米国のユーザーのみ接続してテスト可能。これは、Android版Chromeおよび iOS版Chromeで既に利用可能です。今後数日中に、AI を活用した機能強化が Chrome のデスクトップ版にも追加される予定だ。

管理人
管理人

文章も動画もどんどん短くなってる時代。
時短のためのAIツールがたくさん出てる中、天下のグーグルが無料で実装してくれるのは助かる。

ソース