Webゲームニュース

AdBlockを入れたPCでYouTubeを視聴すると CPU使用率が15~18%増加すると判明←AdBlockの不具合である可能性が浮上

Web

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AdBlockをインストールしているPCでYouTubeを視聴すると、CPU使用率が15~18%増加する問題はAdBlockのバグである可能性があるとheise onlineが報告しています。

Adblockerが有効な状態でYouTubeのパフォーマンスに問題が発生する可能性があり、それはAdblockとAdblock Plusのバグに起因するかもしれません。少なくとも、これが競合するAdblockerであるuBlock Originの開発者であるRaymond Hill氏が𝕏で分析した内容です。YouTube自体が遅くなる原因となるとするユーザーやメディアの報告は、Hill氏によれば「誤った診断」だとされています。

最新の議論はRedditのスレッドから発端し、そこではAdblockerを使用するとYouTubeのビデオバッファが遅くなるというユーザーの報告がありました。Redditユーザーの一人は、Adblockerを使用してYouTubeを操作すると、Chromeおよびコンピュータ全体が遅くなると述べています。総意は、YouTubeがAdblockerの使用を思い留ませるために意図的な措置を講じているはずだというものです。多くのメディア、heise onlineを含む、はこの問題を取り上げ、Googleを非難しました。

Youtube started slowing video buffer with adblock enabled
byu/NightMean inyoutube

Hill氏はこれに反論しています。この問題はすべてのAdblockerに影響を及ぼすのではなく、Adblock PlusおよびAdblockの最新バージョンのみに影響を与えるものだと述べています。これらのAdblockerは同じソースコードに基づいており、ケルンに本社を置くeyeo社に属しています。最新バージョンのリリースはユーザーの苦情が発生した時期と一致しており、Adblockのバージョン5.17.0は1月12日に、Adblock Plusのバージョン3.22は1月9日にリリースされました。

Adblock PlusのGitlabページには、この問題を説明する可能性があるチケットが作成されました。eyeoの開発者Thomas Greinerはそこで「動的なウェブサイトに問題がある」と確認し、それはAdblock Plusのバージョン3.22から発生していると述べています。修正はAdblock Plusのバージョン3.22.1に含まれており、これは月曜日の夜にリリースされました。また、Adblockのバージョン5.17.1も問題を修正するとされています。新しいAdblockerのバージョンがブラウザのアドオン領域で全てのユーザーにダウンロード可能になるまでには少し時間がかかるかもしれません。

2023年11月には、RedditユーザーがYouTubeが広告ブロッカーを使用しているブラウザーで遅くなり始めたと気付きました。最初にFirefoxユーザーが問題に遭遇し、YouTubeのビデオがChromeよりも数秒遅く読み込まれるようになりました。その後、Edge、Brave、およびChromeのユーザーも問題を報告し始めました。原因はJavaScriptファイルに追加されたコードで、ページを5秒遅くしていました。

Mag
Mag

ネットが荒れたから不具合ってことにしたのでは…?