ゲームニュース

【最後の生き残り】大炎上したサバイバルMMO『The Day Before』に依然として1人のプレイヤーがログインし続ける

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

既にご存知かもしれませんが、『The Day Before』の大失敗により数日以内にサーバーが完全にシャットダウンされ、12月初旬から続いた緊張が終わりを迎えることになります。サーバーシャットダウンが迫っている中、最後のアクティブプレイヤーに関するニュースはSNSで関心を呼び起こしました。

2023年12月28日から本日、2024年1月15日の月曜日まで、Steamのデータベースによれば、論議の的となっているゲームのサーバーにはただ1人のプレイヤーがいたとされています。このユーザーが誰であるかは不明ですが、明らかなのは、この勇敢なゲーマーが、感染者に占拠された都市でのサバイバルMMOになるはずだったゲームの運命を受け入れていないようです。

SNSでは、このゲームにログインした唯一のユーザーに何が隠れているのかを解明しようとするユーザーがおり、中にはこれが開発者かもしれないと考える者もいます。また、このユーザーはSNSをフォローしておらず、過去の1ヶ月間に『The Day Before』で起こった出来事を把握していない可能性があるとする意見もあります。

別の可能性として、これは『The Day Before』のオフラインバージョンを作成しているModderであり、作業を続けるためには接続が必要なのかもしれません。