ゲームニュース

『Stellar Blade(ステラーブレイド)』開発秘話:主人公の〝後ろ姿〟に込めたデザイン戦略とその魅力を語る

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『Stellar Blade』(ステラブレイド)のゲームディレクター、キム・ヒョンテ氏は、主人公“イヴ”の魅力的な〝後ろ姿〟に重要視をしていることGamesRadar+へのインタビューで明かしました。

キム氏によると、『Stellar Blade』の主人公であるイヴの後ろ姿に焦点を当てたのは、ゲーム内でプレイヤーが最も目にする部分だからです。このゲームは三人称視点で展開されるため、キャラクターの背後からの視点が常に維持されます。これは、プレイヤーがゲームの世界に没入する上で非常に重要な要素とされています。

デザインに関しては、プレイヤーがゲームをしている時は常にキャラクターの背中を向いているので、キャラクターの背中に特別な注意を払いました。それが彼らが最も多く見る部分なので、私たちはこれがかなり重要だと考えました。

インタビューでキム氏は、女性キャラクターの体型を強調することは「マーケティングのコツ」としても重要だと語りました。映画やアニメ、マンガの観客よりも、ゲームは過度に性的なキャラクターに対して厳しい目を向けがちですが、それでも彼は「理想的な形」が望ましいと考えています。特に成人向けのエンターテインメントであることを考えると、キャラクターがプレイヤーよりも見た目が良いことは非常に大切だと彼は述べています。

正直なところ、ゲームをプレイするときには、自分よりも見た目が良い人を見たいです。それが私の望むことです。普通のものを見たいわけではありません。もっと理想的なものを見たいんです。それはエンターテインメントという形態において非常に重要だと思います。結局のところ、これは大人向けのエンターテインメントなのですから。

スマホ向けゲーム『勝利の女神:NIKKE』でのアニメキャラクターの背中に焦点を当てたデザインで知られているSHIFT UPですが、『Stellar Blade』では興味深いゲームプレイや物語だけでなく、魅力的な主人公を通じてプレイヤーを引きつけることを目指しています。正直なところ、イヴへの注目度は、男性プレイヤーを主なターゲットにしているとのでしょう。さらに、ゲーム内で入手や交換が可能な約30種類の衣装や髪型も実装される予定です。

しかし、キム氏は、魅力的な外見が設定や物語に悪影響を及ぼすべきではないとも考えています。『Stellar Blade』では、イヴが物語の初めには完璧ではない人物として描かれていますが、物語が進むにつれてより多くの責任を負い、重要な決断を下すことで、感情的な変化を経験し、「人間らしく」成長していきます。彼女の物語は『NieR:Automata』の2Bを彷彿とさせるものであり、キム氏は自身がヨコオタロウのファンであることから、その比較は光栄であると述べています。

スポンサーリンク

韓国ゲーム開発業界の流れも変わるか

Push Squareのインタビューでは、韓国をコンソール市場で代表するという重圧について率直に答えました。キム氏は、韓国のゲーム市場が主にモバイルゲームに焦点を当てていると述べ、今後は、スマートフォン向けの「バブル」から脱却し、他の韓国の開発者にもこの流れを広めたいと考えています。

韓国のゲーム市場は非常にモバイル中心で、皆がスマートフォン向けに開発しています。私たちは、明確な結末を持つシングルプレイヤーのコンソールゲームがまだ有効であり、非常に重要だと感じています。そのため、『Stellar Blade』が重要なタイトルとなり、他の韓国の開発者がこれを出発点と見なし、将来のプロジェクトに向けてインスピレーションを受けることを願っています。

日本語吹き替えは日本語に合わせた口のアニメーション(リップシンク)に対応していたり、『勝利の女神:NIKKE』とのクロスオーバーイベントも検討していたりと、日本のユーザーに受け入れられやすいゲームとなっていると感じました。

『Stellar Blade』は4月26日にPS5でリリース予定、PC版については現在アナウンスはありませんが、いずれリリースされるのではないかと噂されています。