ゲームニュース

DLSS 3.5がもたらす変化とは?『サイバーパンク2077』比較動画でその優位性が明らかに

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DLSS 3.5のリリースが間近に迫り、『サイバーパンク2077』がこれを採用した初のAAAゲームとなることから、この技術が優れたスケーリング能力によってもたらす大幅な改善を紹介する比較動画が公開された。

8月26日にNVIDIAはDLSS 3.5 SDKをリリース。これにはDLSSをサポートするゲームに簡単に入れ替えられるDLLファイルも含まれおり、DLSS 3.5の新しいアップスケーリング技術と現在リリースされているDLSS 3.1との比較が行われている。

MxBenchmarkPCは、Cyberpunk 2077におけるDLSS 3.5とDLSS 3.1の比較を示す動画を公開。また、DLSS 3.5 FG(Frame Generation)も表示されているが、FGを有効にしていない最新のアップスケーリングバージョンでも同様に動作している。新しいスーパーサンプリングモデルは、DLSS 3.5とDLSS 3.1.1を比較して、檻の中の柵のアーチファクトが少なくなっている映像の一部で見られるように、AIによってさらに強化されたようだ。

これはDLSS3.5がDLSS3.1より優れている点のひとつに過ぎず、来月初旬に最終版がリリースされれば、さらなる改善が期待できるだろう。

Mag
Mag

FG(フレーム生成機能)だとFPSが20~30も上がるのか…
グラボの買い替えを検討してるならRTX40シリーズ一択だな。

Source