ゲームニュース

実際〝膝に矢を受けたら〟どうなるの?中世の医療に詳しい歴史学者が解説

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Bethesdaの人気タイトル『The Elder Scrolls V: Skyrim』において、衛兵たちはしばしばこんな話をします。「昔はお前のような冒険者だったのだが、膝に矢を受けてしまってな…」このセリフは多くのファンに愛され、ミームにもなりました。

しかし、実際の中世で、膝に矢を受けたらどうなるのでしょうか?中世の医療について話が及ぶ度に、スカイリムのファンから「膝に矢を受けたらどうなるの?」と質問されるヒックス氏。彼はついにこの疑問に応えることにしました。

スポンサーリンク

完全に回復することはほぼ不可能

ヒックス氏によれば、中世の医療技術では、膝に矢を受けた傷から完全に回復することはほぼ不可能でした。膝は複雑な構造をしており、矢が当たる位置に関わらず、深刻なダメージがもたらされることが多かったのです。矢によって引き起こされる可能性があるのは、靭帯の断裂や血管、筋肉の損傷など、一つではなく複数の影響が及びます。

もし中世の人々が幸運であれば、皮革と金属で作られた特別な添え木に頼り、何とか日常生活を送ることができたかもしれません。しかし、このようなサポートをしても、以前のように活発に動き回ることは難しいでしょう。

ヒックス氏は冒険を求める人々に向けて、膝を守るために鎧の膝当てや、少なくとも厚手の布製パッドを装着することを勧めています。

ヒックス氏による解説は『Skyrim』の衛兵のセリフが単なるフィクションではなく、実際の中世の医療事情に基づいていることを示しています。ゲーム内でのちょっとしたジョークが、歴史のリアリティに根差していることを知るのは、ゲームファンにとって興味深い発見かもしれません。

Kindle unlimitedでは『最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる』1巻が無料で公開中!

iamge