ゲームニュース

【悲報】『Apex』に実装されたFF7コラボスキンが酷すぎて炎上

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、Respawn Entertainmentスタジオの無料バトルロイヤルゲーム『Apex Legends』で、初めて他のゲームとの大規模なコラボイベントが開始されました。このシューターゲームには『FINAL FANTASY VII REBIRTH』からのアイテムやコスメティックが追加され、JRPGのファンを喜ばせるはずでしたが、結局、このイベントはゲーマーたちに完全に失望を与えました。コラボアイテムの高額な価格や、一部のスキンがユーザーをショックに陥れるほど醜かったため、プレイヤーたちは不快に感じました。

『FINAL FANTASY VII REBIRTH』の発売に先立ち、Respawnスタジオはスクエア・エニックスと新しい提携を始め、Apex Legendsにテーマイベントを追加しました。このイベントはプレイヤーを楽しませ、両フランチャイズのファンを満足させることが期待されましたが、結果として、数百ドルに及ぶ新しいコスメティックをもたらしました。開発者はプレイヤーの不満に迅速に対応し、価格を修正しましたが、テーマスキンに関しては難しい状況です。その低品質は、シューターゲームのコミュニティで新しいミームの原因となりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: naUBEFDmvjwdEJMnpHIQ.png

ミームのネタになったのは、エアリスのキャラクタースキンです。イベントの最初のトレーラーから、多くのユーザーがRespawnチームにゲームモデルの低品質に注意を促しました。当初は、スキンが修正または再設計されることを期待していましたが、プレイヤーのすべてのコメントが無視されたようです。ユーザーによれば、Apex Legendsのアイリススキンは公式の映像よりもさらに悪く見え、低いグラフィック設定ではキャラクターモデルが本当の悪夢に変わり、その姿はゲームの視覚的品質を評価する新しいミームとなりました。

『西洋の開発者が東洋のキャラクターを作ろうとすると…』

スクウェア・エニックスはこれを見たのだろうか。実際のキャラクターではなく、衣装のスキンに見えるはずのものを見たのだろうか。

ああ、確かに実際のキャラクターではないが、それでも彼女はウォルマートで売ってるパチモンみたいだ。