Cyberpunk 2077

『サイバーパンク2077』Intelプロセッサでパフォーマンス低下の不具合などを修正するパッチ2.12がリリース

cyberpunk2077-2.12 Cyberpunk 2077

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CD Projekt Redは、PC、PlayStation 5、およびXbox Series X|S向けに『サイバーパンク2077』のアップデート2.12をリリースしました。

今回のアップデートでは主に、パッチ2.11で発生した不具合の修正が行われています。例えば、ハイブリッドCPU利用の「Pコア優先」の設定が、Intelプロセッサで不具合を起こしパフォーマンスを低下させていた問題が正常に機能するようになりました。

さらに、Xboxではゲームがロード時にフリーズする問題が解消され、Steam Deckではレイトレーシングのサポートが改善されました。バグ修正に加えて、AZERTYキーボードのサポートも向上させました。

PC版固有

  • AZERTYキーボードで、正常にラジオポートおよび抱えた人物を落とすアクションを別キーにバインドすることができるよう修正。全種類のキーボードにおいて、ジョブ目標の切り替えはTキーにアサインされます。
  • Tキーを「探索と戦闘」のアクションにバインドしようとすると、「キーバインド不可」エラーが発生する問題を修正
  • Intel社の協力のもと、「Pコア優先」に設定するとスタッタリングが発生する問題を修正
  • Razer社の協力のもと、Razer Chromaを有効化したデバイスを使用した際に発生するクラッシュを修正
  • レイトレーシングを有効にした際、乗り物内にいるNPCの髪色が極端に明るく見えることがある問題を修正
  • Steam Deckでレイトレーシングを有効にすると発生していたクラッシュを修正

Xbox版固有

  • セーブデータによっては、ロードが終わらずにハングまたはクラッシュすることがある問題を修正

全プラットフォーム

  • メニューやインベントリ、保管庫、ホロコール、ファストトラベルを使用できなくなることがある問題を修正
  • パッチ2.1で導入された仕様の変更に伴うよう、「音波ショック」クイックハックの説明テキストを更新
  • ゲーム内のコンピューターやキーパッド操作時におけるコントローラーカーソルの視認性を改善。主にSteam Deck版に向けた調整ですが、家庭用ゲーム機版に加え、PC版でコントローラーを使用するプレイヤーも操作がしやすくなります
  • 「New Dawn Fades/過ぎ去った夜明」 – 電話を開いて自動送信システムのメッセージを読むことができない問題を修正
  • 「I Can See Clearly Now/視界良好」 – ゴミ収集箱を動かすのに必要な「肉体」能力値チェックの値を引き下げ
  • 「I Walk the Line/まっすぐ突き進め」 – サスカッチのジャンプ攻撃が正常にヒットおよびダメージが発生するよう修正
  • 「Riders on the Storm/嵐の乗り手」 – カーチェイスシーンで、追っ手がパナムのバンを攻撃するように変更
  • 「夜想曲第15番 Op.55-1」 – リードにホロコールをかける選択肢を選んだ後、会話がトリガーされず、進行不可になることがある問題を修正
  • 「音波ショック」が正常にステルスクイックハックに分類されるよう修正
  • ナイトシティの様々な場所で無敵の敵集団が発生することがある問題を修正
  • 色覚サポートを有効にしても、パーク画面の一部要素が変わらない問題を修正
  • 「バイオダイン バーサーク」が正常に反応ボーナスの恩恵を受け、クリティカル率が増加するよう修正

パッチ2.12
https://www.cyberpunk.net/ja/news/49924