軍団長レイド『アヴレシュド』解説ページ公開中!
ゲーム

『Atomic Heart』推奨スペックが公開 各エディションの違いやオススメゲーミングPCについて解説

ゲーム

2023年2月21日発売予定の『Atomic Heart
今回は各エディションの違いや推奨スペック、オススメのゲーミングPCなど紹介していきます。

スポンサーリンク

Atomic Heart

PC版2023年2月21日発売
架空のソビエト連邦を舞台にミュータントやロボットと戦う一人称SFアクションRPG、主人公はコンバットグローブの特殊能力からナイフや最新鋭の兵器まで「手に入るものすべて」を使いこなし、ひたすら続く試練と戦闘を乗り越えてゆく。

公式サイト
https://www.atomicheart.asia/home-jp

各エディションの違いを解説

Atomic Heartは通常版に加え「ゴールドエディション」「プレミアムエディション」の販売が行われています。エディションによってゲーム内で使用できるスキンや今後リリースされる4つのDLCの予約購入ができるので事前に確認しておきましょう。

通常版

https://www.atomicheart.asia/home-jp

8,800円
ゲーム本編+事前予約特典「SWEDE SKIN」「ELECTRO SKIN」

ゴールドエディション

https://www.atomicheart.asia/home-jp

13,800円
ゲーム本編+事前予約特典「SWEDE SKIN」「ELECTRO SKIN」

Atomic Pass「GLOVE SKIN」「4DLC」

ゴールドエディションには通常版の特典に加え Atomic Pass 「GLOVE SKIN」「4DLC」が付属されます。
「4DLC」というのは今後配信される4つのDLCのパックで、詳しい情報は現時点では公開されていませんが、新しいエリアクエストパズルキャラクター世界のストーリーゲーム体験を大幅に拡張されるとのことです。

おそらく普通にDLCを買うよりもお得に購入できるため、発売前からAtomic Heartを楽しみに待っているプレイヤーはゴールドエディションを購入するのもアリだと思います!

プレミアムエディション

https://www.atomicheart.asia/home-jp

15,800円
ゲーム本編+事前予約特典「SWEDE SKIN」「ELECTRO SKIN」

Atomic Pass「GLOVE SKIN」「4DLC」

プレミアムエディション限定「AK SKIN」「ZVEZDOCHKA SKIN」「デジタルアートブック」

とりあえずプレイしたい方: 通常版
面白そうだしDLCも気になる!方: ゴールドエディション
絶対ハマる!世界観もより知りたい!方: プレミアムエディション

最低/推奨動作環境

最低動作環境:
OS: Windows 10 (20H1 version or newer, 64-bit versions)
プロセッサー: AMD Ryzen 5 1600@ 3. GHzor
Intel Core i5-4460 @ 3.1 GHz (AVX, AVX2 and SSE 4.2 support required)

メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: AMD Radeon R9 380 (4 GB) or
NVIDIA GeForce GTX 960 (4 GB)
DirectX: Version 12
ストレージ: 90 GB 利用可能

推奨動作環境:
OS: Windows 10 (20H1 version or newer, 64-bit versions)
プロセッサー: AMD Ryzen 7 2700X @ 3.8 GHz or
Intel Core i7-7700 @ 3.6 GHz (AVX, AVX2 and SSE 4.2 support required)
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: AMD RX Vega 64 (8 GB) or
NVIDIA GeForce GTX 1080 (8 GB)
DirectX: Version 12
ストレージ: 90 GB 利用可能

https://store.steampowered.com/app/668580/Atomic_Heart/

最新のPCゲームではありますが、最低動作環境はCore i5-4460/GTX 960と一世代前のスペックでも動作はするようです。ですが、あくまで”最低動作環境”のためゲームが快適にプレイできるかはやや不安
今後、有志によるMODやDLCで遊びたい!となると推奨動作環境よりもスペックの高いPCがあれば安心です。

オススメゲーミングPC

なるべく予算を抑えて遊びたい!方向けオススメゲーミングPC

【コスパ最強!】
AMD Ryzen 5とGeForce RTX 3060搭載ミニタワーゲーミングPC

CPU : Ryzen 5 5600X
GPU : GeForce RTX 3060 12GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe対応 M.2 SSD

144,800 円~
\ コスパ最強!公式サイトで確認/

これからPCゲームを遊ぼうと思っている方、今使ってるPCからスペックアップしたい方にオススメです!
ミニタワーケースを採用しているので、大きくて場所をとりがちなゲーミングPCですが、こちらは場所を取らずPC周りにスッキリ配置が可能です。

そのまま使用しても充分なスペックをしていますが、自分好みにカスタマイズも可能!

グラフィク重視!他のゲームも遊びたい!方向けオススメゲーミングPC

【1万5千円引きクーポン対象】
第12世代インテル Core i7とGeForce RTX 4080搭載ミドルタワーゲーミングPC

CPU : Core i7-12700
GPU : GeForce RTX 4080 16GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe対応 M.2 SSD

364,800 円~
\ CPUGPUともにハイクラス!公式サイトで確認/

他のPCゲームも高画質で遊びたい方はこちらもオススメです。
Core i7-12700は11世代のi7と比べパフォーマンスが向上しており、評価も高く、まさにゲーム向けのCPUと言えます。
RTX 4080も新しく発売されたハイエンドクラスのグラフィックボードで高い性能を持っているため、この2つがあればほとんどのPCゲームは快適に遊ぶことができるでしょう。

また、ゲーム以外にもPCの処理速度が重要な動画作成やゲーム配信にも向いていると言えます。

ノートパソコンでコンパクトに遊びたい!方向けオススメゲーミングノートPC

【1万円引きクーポン対象】
第12世代インテル Core i7とGeForce RTX 3060搭載144Hz対応17型フルHDゲーミングノートパソコン

CPU : Core i7-12700H
GPU : GeForce RTX 3060 6GB
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB NVMe対応 M.2 SSD
重量 : 約2.62kg(バッテリー含む)

208,800 円~
\ CPUGPUともにハイクラス!公式サイトで確認/

外出先でもPCゲームがしたい方や場所を取らないゲーミングPCが欲しい方はゲーミングノートPCもオススメです!
ハイクラスのスペックがあるためもちろんメインPCでも、サブPCとしても使用することもできます。

ディスプレイは144Hzリフレッシュレートまで出力可能、FPSゲームはもちろん普段の作業でもヌルヌル動いて快適!

予算を抑えたい方はこちらもオススメです!

【5千円引きクーポン対象】
第12世代インテル Core i7とGeForce RTX 3050搭載15型フルHDゲーミングノートパソコン

CPU : Core i7-12700H
GPU : GeForce RTX 3050 4GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe対応 M.2 SSD
重量 : 約2.12kg(バッテリー含む)

159,800 円~
\ 公式サイトで確認/

まとめ

推奨スペック、各エディションの違いやオススメゲーミングPCについて解説しました。

『Atomic Heart』PC版は2023年2月21発売予定、現在予約受付中。

© 2022 Atomic Heart, the game developed by Mundfish and published by Focus Entertainment. Atomic Heart and Mundfish are registered trademarks of Slimao Limited dba Mundfish. Focus Entertainment and its logos are registered trademarks of Focus Entertainment. All other trademarks and logos belong to their respective owners. All rights reserved.

コメント 名前とメールアドレスの入力は不要です。

タイトルとURLをコピーしました