Diablo4

『ディアブロ4』シーズン3「先賢の構造体」が1月24日から開始:機械の相棒や新ダンジョン、利便性向上などが実装

Diablo4

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ディアブロ4』のシーズン3「先賢の構造体」が1月24日(水)03:00(日本時間)に開始され、プレイヤーたちをケジスタンの砂漠の奥深くに連れて行きます。そこでは新しい機械化された脅威に直面し、サソリに似た構造物、致命的なトラップ、そして悪魔マルファスなどが待ち構えています。シーズン「先賢の構造体」の一環として、冒険や戦いに参加してくれる、自分だけの相棒である「臣下」と呼ばれるものを手に入れることができます。

Blizzard Entertainmentは1月16日に、ディアブロ4の新シーズン「先賢の構造体」に関する新しい詳細を明らかにしました。これには、損傷を受けた古代の機械である「紡織儀」に捧げられた新しいシーズンのクエストラインが含まれています。権力を欲するホラドリムで、ブラックソウルストーンの創造にも関与したゾルトゥン・クールによって作られた紡織儀は、悪魔の力に乗っ取られ、それが結果的にサンクチュアリに悪魔が操る危険な構造体の群れを解き放ちました。

Blizzardによると、ディアブロ4のデーモンであるマルファスは、自らが「彼の個人的な地獄」を創り出したとされています。マルファスはディアブロ4の初のステーショナリーボスであり、彼は自分を倒そうとするプレイヤーに対していくつかのトラップを使用します。マルファスはまた、構造体の汚染に責任を持ち、プレイヤーがシーズン中に戦う要素である要素に由来するアイテムを提供します。

プレイヤーは構造体と戦いながら、「紡織儀」を探索し、「紡績堂」と呼ばれるシーズンの地下ダンジョンを探索し、別の世界で冒険に挑むことになります。地上では、構造体は「秘術の震動」と呼ばれるエリアに出現します。

先賢の構造体」では、プレイヤーには独自の構造体である「Seneschal(臣下)」が提供されます。この自律型の仲間は独自のユーザーインターフェースを持ち、プレイヤーは「制御石」と「調律石」と呼ばれるアイテムを使用してその能力をカスタマイズできます。臣下はモンスターに対してタンク役を果たし、モブを討伐し、プレイヤーを癒すことができます。

紡績堂」は、トラップや危険に基づいて構築されており、例えば針や回転する炎の柱、毒ガスを噴出するマシンなどがあります。Blizzardによれば、これらのトラップは「はるかに致命的で、避けるためにははるかに高度なスキルが必要」とのことです。ただし、「紡績堂」は「ゾルタンの護法」と呼ばれる新しいバフをサポートすることで、望ましい伝説の戦利品を手に入れることができます。

さらに、新しい地下ダンジョンである「試練場」が導入され、ウィークリーランキングが実装されます。おそらく、この週ごとの地下ダンジョンランは主に自慢に関連しており、「試練場」は「近日中に登場する予定」とのことです。

最後に、ディアブロ4の第3シーズンでは、新しい利便性の向上が導入されます。これにはPC向けにWASDによる移動の追加、追加の保管箱タブ、スキルツリーの振り直しやゴールド取引UIの改善などが含まれます。

現在開催中のシーズン2「渇望の鮮血」は、1月22日まで開催予定。

その他詳しい情報は公式ページを御覧ください。
「先賢の構造体」シーズンで地下より現れし脅威を見つけ出せ