ゲームニュース

『原神』開発者がチート作成者を提訴:ゲームの公正を守るための法的措置

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国のソーシャルゲーム会社miHoYoが、同社の人気ゲーム『原神』に関連するチート制作者に対して法的措置を講じました。

カナダ連邦裁判所に提出された訴状では、Akebi GroupとCrepe Teamというグループが特定されています。これらのグループは、ゲーム内で不正な利益をもたらすチートツールの開発と配布に関与しているとされています。

TorrentFreakの報道によると、miHoYoはこれらのグループが運営するサービスにより、ゲームの公平性が損なわれ、経済的損害を受けたと主張しています。特に「Akebi GC」、「Acrepi」、「Genshin XYZ」というチートプログラムが、月額サブスクリプションモデルを通じて利益を上げていると指摘されており、Genshin XYZの場合は月額20ドルで利用できるとされています。

この訴訟は、『原神』だけでなく、miHoYoの別のタイトルである『崩壊3rd』および『崩壊:スターレイル』に関連する不正行為にも焦点を当てています。

スポンサーリンク

公正なプレイ環境を守るため

同社はチート開発者に対して5万ドル以上の損害賠償を求めており、これには違法行為の停止も含まれています。『原神』の開発者は当初、チート制作者に対し違法行為を停止するよう要請しましたが、彼らは表面上はこれに同意しながらも実際には活動を続けていたと訴えています。

miHoYoはこの訴訟を通じて、公正なプレイ環境を守るという同社の決意を明確にしています。『原神』はそのフリーミアムモデルにも関わらず大きな成功を収めており、不正行為による影響はゲームの収益性とプレイヤー体験にとって深刻な問題となっています。

また、ゲーム業界で見られるチートや不正行為への対策強化の流れの一環であり、開発者が自社の知的財産を保護し、プレイヤー間の公平性を確保しようとする姿勢を示しています。『原神』のファンやコミュニティは、今後の法的措置の結果に注目しています。

image