ゲームレビュー

海外レビューロースコア『Foamstars』独創性の無さ、コンテンツの不足、不快な収益化は忘れられない体験になる

ゲームレビュー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2024年2月6日にリリースしたPlayStation 5向けのシューティングゲーム『Foamstars』ですが、PlayStation Plusのサブスクリプションに含まれているにも関わらず、ユーザーや批評家から肯定的な評価を得られていないようです。Metacriticでのユーザースコアは6.4と低めで、海外のレビュアーからも賛否両論です。

プレイヤーからは、キャラクターごとに異なるプレイスタイルがあって混乱する、敵を倒す楽しさが感じられないという声や、あまりにも子供っぽい設定が好まないとの意見が寄せられています。一方で、幅広い年齢層が遊べる、子供向けっぽさを評価する声もあります。

スポンサーリンク

「不適切な」収益化システム

レビュアーの意見も分かれており、これらのレビューはいずれもゲーム内の押し付けがましい有料アイテムの購入を促す「不適切な」収益化システムに言及しています。

『Foamstars』にはバトルパスの他、キャラクタースキン、武器スキン、ボードスキン、エモート、経験値ブーストアイテム、その他バンドルが販売されていますが、内容が乏しいゲームにこれほど多くの課金アイテムがあるのは受け入れがたいとの声があります。

70

Push Square
スタイリッシュで、気楽でテンポの速い楽しいゲーム。

Metro GameCentral
プレイヤーを楽しませようと必死になっているがうまくいっていない、時代の流れに逆らっているように感じる。

60

CGMagazine
クソゲーではないけど、独創性の無さ、コンテンツの不足、卑劣な収益化は忘れられない体験になった。

Kotaku
扱いづらいクソみたいな武器をみんなが持ったら何が出来上がると思う?クソみたいなシューティングゲームだよ。

『Foamstars』に関するこれらのレビューは、ゲーム開発者にとって今後の改善点を示唆する重要なフィードバックとなり得ます。今後どのようなアップデートや変更が加えられるか、プレイヤーから注目が集まっています。