テクノロジー

「AIの最大のブレイクスルーはまだこれから」Google DeepMindのCEOが語る、AIの未来とは?次世代の革新に向けた展望

テクノロジー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google DeepMindのCEO、デミス・ハサビス氏はWIREDとのインタビューで、人工知能(AI)技術の最大の進歩はまだこれからだと語りました。

WIREDへのインタビューで、ハサビス氏は、AIの発展にはチップだけでなく、基礎研究の重要性を強調しました。Googleが過去10年間この分野の最前線にいること、そして「真の汎用人工知能(AGI)」を実現するためには「最大限の規模」が必要であると述べています。

TIPS

AGI(Artificial General Intelligence、汎用人工知能)とは、特定のタスクに特化した現在の人工知能。(AI)とは異なり、人間と同等の知的能力を持ち、あらゆる知的タスクを実行できる人工知能のこと。

スポンサーリンク

AI技術の未来に向けて

ハサビス氏によれば、AGIを達成するためには新しいイノベーションと資源の大幅な増強が必要です。彼は、Googleが機械学習の開発において重要な貢献をしてきたことを指摘し、基礎研究への注力がGoogleの成功の鍵であると語ります。

また、Googleは「Gemini」と呼ばれるマルチモーダルAIモデルを含む、いくつかの先進的なプロジェクトに取り組んでおり、これは研究者が大量のデータを迅速かつ効率的に分析するのに特に有用であるとハサビス氏は考えています。

TIPS

マルチモーダルAI(Multimodal AI)は、異なるタイプのデータ入力(テキスト、画像、音声など)を統合して処理できる人工知能のこと。

さらに、AGIの発展に向けた業界の課題についても議論しました。ハサビスは、新しいイノベーションの必要性と資源の大規模な拡大が今後の大きな障壁であるとしながらも、適切なアプローチと資源があればこれらの課題を克服できると楽観視しています。彼は、AIの分野をさらに前進させるためには、規模の拡大と継続的な研究が不可欠であると結論付けています。

インタビュー全文はこちらからチェック: