ゲームニュース

『Payday 3』失敗の影響で開発スタジオStarbreeze のCEOが交代、今後の野望とは?

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『Payday 3』の開発スタジオStarbreezeが、本作の不振を受けて、CEOトビアス・シェグレン氏を解任したことが明らかになりました。同社は今後の戦略実行に向け、新たなリーダーシップを必要としているとの見解を示しています。

スポンサーリンク

大手開発会社の大胆な動き

Starbreezeの最新作、協力プレイ型アクションゲーム『Payday 3』は、リリース後のプレイヤー数が大きく減少し、同社はトビアス・シェグレンCEOを解任する決定を下しました。後任のCEOはまだ発表されていませんが、暫定CEOとしては、40年以上の業界経験を持つユルゲン・ゴルドナー氏が就任しました。

『Payday 3』はサーバー問題やアップデートの遅れにより、発売後に多くの問題を抱えました。しかし、Starbreezeはゲームの改善に取り組む別のチームを設け、オフラインモードを含むいくつかの大規模なアップデートを2024年に予定しているとのことです。

新たな暫定CEOのゴルドナー氏は、Starbreezeの持続可能な成長とIPポートフォリオの発展に自信を見せており、会社としての新しい戦略実行に期待を寄せています。今後のStarbreezeには大きな注目が集まっており、改善への期待と共に、ゲーム業界内外からの注目が集まっています。