ゲームニュース

ゲーム販売価格が1万円に?次世代コンソールの未来に関するトム・ヘンダーソン氏の予測

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲーム業界アナリスト、トム・ヘンダーソン氏が、今後のゲーム価格と次世代コンソールに関する興味深い見解を示しました。彼はPlayStation 5 Slimモデルの存在や『Call of Duty』に関するリーク情報で知られる信頼性の高い情報源です。

ヘンダーソン氏によると、2028年以降に登場する次世代コンソールでは、物理的なゲームディスクが完全になくなり、全てがデジタル化されるだろうと予想されます。また、PlayStationとXboxの両方が携帯可能なデバイスをラインナップに加え、どこでも本格的なゲーミング体験を提供する可能性があるとのこと。

スポンサーリンク

ゲーム価格の上昇

特に注目されるのは、次世代ゲームの価格が100ドルになるというヘンダーソン氏の予測です。PlayStation 5とXbox Seriesの登場時、新しい基準価格として70ドルが設定されましたが、ヘンダーソン氏はさらに価格が上昇し、100ドルが新しい標準になると考えています。

次世代コンソールで見られるだろう5つの予測

  • デジタル専用のコンソール/ゲーム
  • PlayStation/Xboxの携帯型デバイス
  • 標準価格としての100ドルのゲーム
  • 時限独占やコンテンツのインセンティブを伴うサードパーティーへの移行
  • 確立されたIPに焦点を当ててさらに効率化するサードパーティーのパブリッシャー
@Tom_Henderson

この予測に対して、ゲームユーザーからは否定的な反応が多く、将来のセール価格でさえ、現在のフルプライスよりも高くなると冗談交じりに懸念が示されています。しかし、ヘンダーソン氏はインフレーションなどの経済的要因がこの価格上昇を避けられないものにしていると指摘しています。

さらに、小規模な出版社は既存のフランチャイズに焦点を当て、特定のプラットフォーム向けの時限独占販売や独占ボーナスが一般的になると予測しています。

このような変化がゲーム業界にどのような影響を与えるかはまだ不明ですが、ヘンダーソンの見解は間違いなく議論を呼ぶものです。