Cyberpunk 2077

CD Projekt REDが語る『サイバーパンク 2077』続編の深掘り:社会問題に大胆に挑む

サイバーパンク2077 Cyberpunk 2077

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CD Projekt REDのアシスタントディレクター、パヴェル・サスコ氏は、最近のポッドキャスト「CDPR AnswerRed」で『サイバーパンク 2077』の続編について語りました。同社は次回作で、現代社会の問題をさらに深く掘り下げることを目指しています。

スポンサーリンク

社会問題へのアプローチの拡大

『サイバーパンク 2077』の舞台であるナイトシティの住民は、裕福なエリートと貧困にあえぐ一般市民に二極化しています。豪華な高層ビルとスラム街が同居する都市風景は、貧富の格差を象徴しています。エリート層は高級アパートや高度な医療技術を享受する一方で、貧困層は危険な路上での生活を余儀なくされています。これは、現代社会における所得格差や社会的不平等の問題を強調しています。

しかし、サスコ氏は、『サイバーパンク 2077』がこれらに関して「十分に深く掘り下げていない」と感じていると述べ、ホームレス危機を例に挙げました。「我々はディストピアを描いていると思っていましたが、実際には表面的な部分にしか触れていなかった」と彼は述べました。

さらに、エグゼクティブプロデューサーのダン・ハーンバーグ氏も、次回作『Project Orion』で現実世界の問題を反映し、プレイヤーに深い問いかけを行う手段として機能することを目指していると述べました。「メガコーポレーション、社会の周縁に追いやられた人々、資源の不均衡など、現代社会に関連する多くの問題を扱う予定です」とハーンバーグ氏は述べました。