軍団長レイド『アヴレシュド』解説ページ公開中!
LOSTARKゲーム

ロストアーク ストーリーまとめ.Part4 ヨーン~フェイトン編

LOSTARK

ロヘンデル後はT2に変わり、ストーリーも段々と動き始めます。
ヨーン大陸のメインクエ後に見ることができる「ロマンチックウェポン」はKRでも人気の曲なので是非見てみてください!

前回 : ロストアーク ストーリーまとめ.Part3 ロヘンデル~旅程編

12月1日追伸
公式のストーリーおさらい動画が公開されました!
https://pages.pmang.jp/lostark/posts/2810

スポンサーリンク

ヨーン

ウマル族が地下に建てた巨大都市国家

かつてウマル族の職人が不毛な土地を開拓し、長い年月を経て作り出された国。
地下空間でありながら、技術の粋を集めて造られた人工太陽で光を補うなど、環境的に不便な部分を技術力で補っている。

ウマルたちの土地、ヨーンに到着した冒険者は、アークを探していたところ、ウマルたちの先祖が作った魔剣ベルクルーゼと魔剣に取り憑かれた悪魔によって残酷にも殺害されたウマルたちを発見する。 ヨーンを踏んで間もないが、早くからウマルたちの葬式まで参加した冒険者は、グレートキャッスルの核アークトゥルスの光を管理する太陽の番人バフントゥルとエスターシャンディに会うことになる。 バフントゥルはガラトゥルの後継者だったが、師匠のガラトゥルが死んでからは酒ばかり飲んで憂鬱な日々を送っていた。

このようなバフントゥルとウマルを救うため、魔剣ベルクルーゼの暴走を防ぎ悪魔とナザンを退けるが、ベルクルーゼを貪る悪魔たちは現れ続け、ベルクルーゼの主人になろうとした。 エスター·ガラトゥールが残したハンマー、フィヨルギンの光を取り戻したバフントゥルとともにテルパたちを処理し、巨大ワームを退けるなど、危険な冒険をしながらベルクルーゼを追いかけ、見事な醸造所に向かうことになる。 その後、酒に酔った状態でウマルたちを救出するが、カイシュールが現れてベルクルーゼを取って消える。

ベルクルーゼは、すばらしい酒造場にあった鍵で傲慢の方舟を開き、膨大な力を吸収しようとする。バフントゥルと冒険者は、偉大な時代の先祖、ウマル·エイケルとナベルを呼び起こし、一緒に傲慢の方舟に向かう。 そしてカイシュールとその体を食い荒らしたベルクルーゼを破壊することに成功する。

自分たちの過ちをきれいに片付けたウマルたちは、その報いとして主人公に武器を作ってくれる。冒険者はエスター·シエンが隠したアークは、呪われた土地フェイトンにいるということをエスター·シャンディに教えてもらい、そこに向かうことになる。

一方、完全に破壊されたと思っていたベルクルーゼは、実は粉になっても自我を維持していた。 傲慢の方舟を訪れたカーマインがベルクルーゼを修復すると、彼を掌握しようとしたが、カーマインはむしろベルクルーゼを屈服させて本人の武器にして方舟を去る。

フェイトン

悪魔の力をもつ種族“デラン”が住まう呪われた地

鉄鎖戦争後に現れた毒により汚染されてしまった呪われた大陸。痩せた大地に適応した数少ない生物が独特の生態系を構成している。

現在はセイクリア教団の迫害により大陸を彷徨っていた“デラン”たちが生きていく地となった。

ついにフェイトンに到着した冒険者は不思議なことに神聖帝国セイクリアの司祭たちを通じて入国許可を得ることになる。 セイクリアはフェイトンに急に増えたカオスゲートと悪魔たちの原因をフェイトンのデランたちのせいだと考えるが、鎖戦争以降、各地で逼迫され、結局呪われた地と呼ばれるフェイトンまで追い出されたデランたちは悪魔の力を持って生まれた人間たちで、彼らの中でも強い戦士たちが集まった「アベスタ」を中心に様々な脅威と飢えの中で辛うじて生きていた。 冒険者はアークを探していたところ、カオスゲートを調べていた「アベスタ」団員のビオレを助けることになり、他の団員たちとも会うことになる。

しかし、一部のデランたちは完全に堕落しており、このような中で冒険者はアベスタ隊長のサイカとその一行に捕まり、カオスゲートと関連があるかどうかについて尋問を受けることになる。 そして一番低い所、捨てられた沼を浄化して古代の思念まで出会った冒険者は、正式に黒い鷹、アべスタの団員に生まれ変わる。

一方、カオスゲートは次第に増殖し、黒い雨が降れば悪魔が現れるという予言を警戒したアべスタは、近づいてくる脅威の中でもフェイトンを守ろうとする心をあきらめなかった。 一方、セイクリアの司祭たちは幼いデランたちを捕らえ、カオスゲートの原因を白状させようとしていた。 ビオレとともに幼いデランたちを助けた冒険者は、フェイトンに上陸したセイクリア司祭たちのリーダーであるフェデリコに出会い、すでに血で染まった過去を持つセイクリアとアヴェスタは険しい雰囲気と緊張感の中で交渉を結ぶことになり、サイカは連行され幽閉される。

サイカは幽閉されたが、アヴェスタとデランたちの絆と結束はさらに堅くなり、冒険者は古城の司祭と悪魔たち、ゼフェトを退け、サイカと共にすでに悪魔たちと戦っているセイクリアを助けるため、間もなく黒い雨が降り注ぐ平原に向かう。しかし、この時ヨンの魔剣ベルクルーゼを持って現れたカーマインがいて、サイカはカーマインと激戦を繰り広げる。しかし、カーマインは「見物に来た」と言いながら逃げ、黒い雨が降り始め、悪魔たちが出没する。 これにアべスタは決死の抗戦で最後まで立ち向かい、冒険者もこれを助ける。 セイクリアの司祭団も合流し、状況が少しよくなり始めたかと思ったが、闇軍団長のカルメンが現れ、再び守勢に追い込まれることになる。

これに対し、みんな後退しようとするが、カルメンは「ここに自分が求めるものはない」と言いながら後退し、サイカは「カルメンと闇軍団が吐き出した闇の力」を自分がすべて吸収してしまう。 すでに内面の闇を開放して悪魔化が進んだ状態で闇軍団の闇まで吸収したサイカは、冒険者に「アべスタとして刀を握り、闇を狙え」と言い、冒険者は闇に包まれた混沌のサイカを始末することになる。
私たちは闇の中で生まれた。 みんなが私たちを悪魔と呼んだ。 どうなのか、私は今人間として死ぬのか。

サイカを倒した直後、サイカは死ぬ直前に自分が人間として死んだか聞いて消滅する。 アべスタ団員と冒険者はこれにアべスタの誓いで応え、サイカも誓いをした後、元の姿に戻って消滅することになる。 その後、アベスタ団員とセイクリア司祭は葬儀を行ない、追悼する。

すべてのことが終わった後、冒険者は絶望の沼で古代人の声に付いて行った末、献身のアーク・カルタを探してトリシオンに戻ってベアトリスに伝える。

一方、アマンはカゼロスに何かを指示されて、彼はカーマインの案内に従ってどこかへ向かう。


CC BY-NC-SA 2.0 KRに従い、共有・変更(翻訳)を行っており、当ページは非営利目的で作成されています。
https://namu.wiki/w/로스트아크/스토리
当ページで使用している画像、文章は権利保有者に帰属します。
© Smilegate RPG, Inc. All rights reserved. © GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

書きました。
magur0w

ゲーム情報などを取り扱っているサイトです。
ちなみに動物占いは狼です。
欲しい物リスト

magur0wをフォローする
スポンサーリンク
まぐまぐもぐもぐ

コメント 名前とメールアドレスの入力は不要です。

タイトルとURLをコピーしました