Starfield

ピート・ハインズ氏が『Starfield』の詳細を語る:微ネタバレ注意「New Game+は”かなり特殊”」など

Starfield

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Bethesdaの出版部門のトップであり、Starfieldの制作に関与しているピート・ハインズ氏によるStarfieldに関するインタビューが行われ、本作の裏話や特徴が明らかにされた。

Starfieldのアイデアは約10〜8年前にトッド・ハワード氏から提案され、当初はCEOが戦略的に検討することを決定。「Fallout」と「Elder Scrolls」の成功に比べ、宇宙ゲームの制作にはリスクがあると考えられた。しかし、時間をかけてじっくりとアイデアを練り直し、結果としてStarfieldとして形になったとのこと。

ゲームの規模の大きさについても言及があり、SkyrimやStarfieldと同じくらいの時間をプレイに費やすことになるとのこと。プレイヤーはスキルを向上させながら異なる種類の船や装備をアンロックし、最初からすべての機能が利用可能というわけではないため、ゲームの進行がより意味深いものとなるだろう。

また、初めて出会う仲間の一人であるVascoというロボットのコンパニオンについても紹介があった。彼は面白く、個性的なキャラクターで、ゲーム内でのコンパニオンとして楽しい時間を提供してくれるようだ。さらに、ゲームが人々にとってストレスから逃れる手段として価値があると述べている。ゲームは現実世界の厳しさから離れて、別の世界に没頭することで、心を癒やし、楽しさを感じる機会を提供してくれる。そして、インタビューではゲーム内の細部や要素についても触れられており、プレイヤーは惑星の周期や時間の経過などに注意を払いながらプレイする事となる。

このインタビューからは、Starfieldが待望のゲームであることがより明確になった。プレイヤーは魅力的なキャラクターと共に未知の宇宙を冒険し、個々の体験を楽しむことができるだろう。新たな情報と興奮が一体となったStarfield、ますます期待が高まる。

以下はXに投稿された今回のインタビューのまとめになる。

  • “ゲームが本当に始まるのはメインクエストが終わってからだ”
  • 敵の船に飛び乗り、パイロットが飛び立った後、真空の宇宙空間に吸い込まれた様子を描写している
  • モッダーは惑星を作れるようになる
  • New Game+は本編に直接関係するものなので、ピートはそれについてあまり話せなかったが、ほとんどのNew Game+のメカニクスとは違っていて、”かなり特殊”だと述べている。
  • 武器MODの多様性とスキルの組み合わせにより、一時はアイアンマンのような気分になったと語った。
  • ニューアトランティスのミュージアムでは、このゲームのいくつかの伝承について説明している。
  • 膨大な数のクリーチャーがいるが、その数はわからない
  • 150時間プレイした時点で、まだ100%には達していないという。
  • 発売後も多くのMODサポートがある
  • ミッションボードでは惑星に前哨基地を建設するよう求められることがある
  • たくさんのイースターエッグがある
  • レベルキャップがない(と本人は思っている)
  • PCでゲームを早くからプレイしている人たちは、パフォーマンスがスムーズだと言っている
https://twitter.com/StarfieldNews/status/1694790211366973886
Mag
Mag

>モッダーは惑星を作れるようになる
自分、星作っちゃっていいスカ…!

Source