カルチャー

アニメ『NieR:Automata Ver1.1a』の第2クールが2024年に放送開始

カルチャー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニプレックスは、アニメ『NieR:Automata Ver1.1a』のBlu-ray&DVDBOXの発売を記念して、第1クールの振り返り映像を公開しました。この映像の最後では、続編が2024年に公開することが報告されています。

第1クールは2023年1月に放送開始され、新型コロナウイルスの影響で第9話以降の放送が延期されていました。遅れていたエピソードは一挙放送され、第1クールは無事に終了。A-1 Picturesが制作を担当し、監督は増山亮司が務めています。

このアニメは、人気アクションRPG『NieR:Automata』を原作としており、ポストアポカリプスの世界観と「機械生命体」と人類が作り出したアンドロイド兵士「ヨルハ」部隊の戦いを描いています。主要キャラクターの2Bと9Sは、地球を取り戻すために機械生命体と戦いますが、第2クールでは、彼らと共に旅をするA2がメインのルートであることが示唆されています。

第1クールでは、これらキャラクターたちの戦いや謎が展開されましたが、第2クールではさらに深まる物語と、ゲームにも登場するA2メインのルートがアニメ化されることが期待されています。放送日程や詳細についてはまだ発表されていませんが、続報が待たれるところです。

第1クールのエピソードは、現在DMM TVやdアニメストアをはじめとする複数のプラットフォームで視聴可能です。

NieR:Automata Ver1.1a
2023年
★★★★☆

西暦5012年。
突如地球へと飛来してきた<エイリアン>と、彼らが生み出した<機械生命体>により、人類は絶滅の危機に陥った。
月へと逃げのびた僅かな人類は、地球奪還のため、<アンドロイド>の兵士を用いた反攻作戦を開始。
しかし無限に増殖し続ける<機械生命体>を前に、戦いは膠着状態に陥る。
人類は最終兵器として、新型のアンドロイド<ヨルハ>部隊を地球へ派遣。
新たに地球へと派遣された<2B>は先行調査員の<9S>と合流し、任務にあたるが、その最中で、数々の不可解な現象に遭遇し……。

これは人類のために戦い続ける、命なき<アンドロイド>の物語――。