カルチャー

ドラマ『ブレードランナー2099』新たな舞台プラハで製作開始へ

カルチャー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon Primeの期待作『ブレードランナー2099』が、2024年4月にプラハでの撮影を開始するとDEADLINEが報じています。

この新しい限定シリーズは、『ブレードランナー2049』の続編として位置づけられ、オリジナルの1982年版『ブレードランナー』を監督したリドリー・スコットがエグゼクティブプロデューサーを務めます。

スポンサーリンク

新監督と新ロケーションで注目を集める

当初、ベルファストでの撮影が予定されていましたが、脚本家ストライキの影響で製作が遅れ、撮影地はチェコ共和国のプラハへと変更されました。新たに監督とエグゼクティブプロデューサーを務めるのは、FXの『SHOGUN 将軍』でその手腕を発揮したジョナサン・バン・トゥレケンです。彼はスケジュールの調整問題によりプロジェクトを離れたジェレミー・ポデスワに代わってこの重要な役割を担います。

シルカ・ルイサがライター、エグゼクティブプロデューサー、および現場の指揮を務め、『ブレードランナー2049』の脚本を手掛けたマイケル・グリーンが脚本以外のエグゼクティブプロデューサーとして参加します。また、Alcon EntertainmentとScott Free Productionsが製作を手掛け、リドリー・スコットのほか、多くの著名なプロデューサーが名を連ねています。

『ブレードランナー2099』は、1982年のSF映画『ブレードランナー』の前日譚と続編を制作する権利を2011年に獲得して以来、Alconが資金提供し、製作した『ブレードランナー2049』やアニメシリーズ『ブレードランナー:ブラックロータス』に続く最新作です。

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)
1982年
★★★★☆