カルチャー

実質『Fallout』シリーズ最新作?ドラマ『Fallout』は『Fallout 5』としての役割を果たせるのか

カルチャー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月12日にAmazon Primeで配信開始予定のドラマシリーズ『Fallout』ですが、プロデューサーによると、本ドラマは「実質的に『Fallout 5』のようなもの」とTotal Filmとのインタビューで述べました。

スポンサーリンク

独自の物語の追求

本作のエグゼクティブプロデューサージョナサン・ノーラン氏はTotal Filmとのインタビューで、このドラマシリーズは「実質的に『Fallout 5』のようなもの」と発言しています。これは、本ドラマがただのゲームの映像化では無く、原子力荒廃した世界において独自の正史的な位置を占めるということになります。

各々の【Fallout】は、異なる都市、特有の主人公を持つ独立した物語ですが、すべて同じ世界観の中に位置しています。私たちのシリーズは、ゲームがお互いに関連しているのと同じように、ゲームと関連しています。これは、まるで私たちが『Fallout 5』のようなものです。僭越な言い方ですが、『Fallout 5』の非インタラクティブ版といったところでしょうか

Total Film

ノーラン氏は、『Fallout 3』&『4』のゲームディレクターであり、このショーのエグゼクティブプロデューサーでもあるトッド・ハワードとの最初の会話から、オリジナルストーリーに最も興奮していたとTotal Filmに語りました。

特に、ノーラン氏は、バットマンの映像化作品での経験と比較し、『Fallout』ではバットマンの世界と同様に、正史的なバージョンが存在しないため、独自の物語を創造する自由があると述べています。

さらに、『Fallout』はドラマ『The Last of Us』の成功を受けて、ビデオゲームの映像化がただの娯楽を超える可能性があるという新たな期待の中で登場します。現場責任者のグラハム・ワグナー氏は、「今では、実際に素晴らしいものになるという期待がある。私は良いものを見た」と語ります。

ドラマ『Fallout』はAmazon Prime Videoにて4月12日配信予定。

フォールアウト シーズン1
4月12日配信開始