カルチャー

『メタルギアソリッド』現在も映画化プロジェクトが進行中!プロデューサーのアヴィ・アラッド氏が脚本進行状況を明かす

カルチャー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前から映画化が発表されていた映画版『メタルギアソリッド』ですが、そのプロジェクトは現在も進行中のようです。プロデューサーのアヴィ・アラッド氏は最新のインタビューで、脚本が現在も執筆中であることを明かしたとIGNが報じています。

スポンサーリンク

進行中の映画化プロジェクト

本作品はソニー・ピクチャーズが制作を担当し、「キングコング:髑髏島の巨神」の監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツ氏がメガホンを取ることが決定しています。ヴォート=ロバーツ氏は2017年に、このプロジェクトの難しさについて言及しました。「これは世界で最も難解で独自性のあるプロジェクトの一つです。ヒデオ・コジマの天才的なビジョンを映画にするのは非常に困難だ」と述べています。

また、映画のプロデューサーであるアヴィ・アラッド氏は、最新のインタビューで脚本の進捗について語りました。「まだ脚本の執筆を続けており、詳細はまだ話せませんが、非常に思慮深い作品になると思います」とアラッド氏は述べています。また、「メタルギアソリッドは他の映画化プロジェクトとは一線を画すユニークな作品であり、そのトーンや設定を忠実に再現することが重要です」とも語りました。

アラッド氏は以前、「アンチャーテッド」映画化に携わり、現在は「ゼルダの伝説」の実写映画化にも取り組んでいるため、彼の経験と情熱がこのプロジェクトにどのように反映されるか注目が集まっています。