カルチャー

ゾンビスリラー映画『28年後…』がソニーによって制作決定:『28日後…』の続編

カルチャー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2002年に制作されたゾンビスリラー映画『28日後…』の新たな続編である映画『28年後…(28 Years Later)』の製作がソニーによって決定されたとThe Hollywood Reporterが報じています。

報道によると、Sonyは入札権を巡る激しい戦いの結果、”28 Years Later”(28年後)というタイトルの2部作映画の権利を獲得しました。監督のダニー・ボイルと脚本家のアレックス・ガーランドが復帰し、ガーランドが脚本を執筆。第2部の監督は「後の段階で決定される」とされています。『28日後…』に出演したキリアン・マーフィーは製作総指揮として携わります。また、マーフィーは『28年後…』で「おそらく主演する可能性がある」とされていますが、まだ確認されていません。

ボイルによれば、この映画は厳密には「ゾンビ映画」ではないが、ゾンビジャンルを再考したものであると考えられており、その後には『28週後…(28 Weeks Later)』という独立した続編が製作されました。2007年にワン・カルロス・フレスナディージョ監督によって製作され、高い評価を受けた『28週後…』が、『28年後…』とどのように関連しているかは現時点では明らかになっていません。

キリアン・マーフィーは、2002年に公開された映画「28日後…」で主人公のジムを演じています。この作品は、ダニー・ボイル監督が手掛けたゾンビ映画で、事故で昏睡状態だったジムが目覚めると、人間を凶暴化させるウイルスが蔓延し、ロンドンは壊滅状態になっていたというストーリーです。

スポンサーリンク

ゾンビ映画の金字塔

映画『28日後』は、ダニー・ボイル監督により15年前に制作された珍しいホラー映画の一つであり、ゾンビのイメージの変化、無人のロンドン、初のデジタルカメラなどが注目されました。アレックス・ガーランドの脚本に基づき、3幕構成で主人公の進化を描きながら、複数の結末が試され、ハッピーエンドが採用されました。映画はゾンビホラーと終末論のモチーフを組み合わせ、ガーランドはジョン・ウィンダムやジョージ・ロメロの作品から影響を受けました。

撮影では、イギリスの無人都市を描写し、撮影は厳しい条件の下で行われました。デジタルカメラが使用され、デジタルの特徴が終末の雰囲気に寄与し、視覚的な類似性がテレビ映像と監視カメラの映像との間に確立されました。映画は大量虐殺や感染症の世界的な脅威に触発されたプロットを通じて、時代の恐怖を反映しました。

音楽はポストロックのジャンルに大きな貢献をし、カナダのバンド「ゴッドスピード・ユー! ブラック・エンペラー」の陰鬱な音楽が映画制作に影響を与えました。映画はポストロックの普及に寄与し、ジョン・マーフィーによる曲がサウンドトラックに使用されました。