グラフィックボード

NVIDIAがGeForce Experienceの後継アプリをベータ版でリリース!新機能とAIフィルターでゲーム体験を一新

nvidiaapp グラフィックボード

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NVIDIAは、PCゲーマーやクリエイターのための新しいアプリケーション、「NVIDIA App」をベータ版でリリースしました。

このアプリケーションは、GeForce Experienceとコントロールパネルの後継として、ゲーム内およびGPU設定の最適化を一か所で簡単に行えるように設計されています。

スポンサーリンク

主要機能と進化

NVIDIA Appを利用することで、ユーザーはVSync、DSR、Low Latency ModeなどのNVIDIAグラフィックス設定をカスタマイズできるようになります。また、NVIDIAクラウドデータセンターを活用して、システムのGPU、CPU、ディスプレイに基づいたパーソナライズされたグラフィックス設定を提供し、ゲーム内設定を最適化します。

グラフィックボードのドライバー更新や特定のゲームでの設定変更が可能であり、新しいオーバーレイ機能によりフレームレートやGPUの負荷などの情報を表示します。NVIDIAアカウントを作成せずにドライバーを更新できる点も、多くのユーザーにとって大きな利点です。

加えて、AIを活用した様々なゲームフィルターを統合する機能が備わっており、RTX HDRフィルターを通じてHDR対応の画面でゲームを自動的に最適化し、より鮮やかなビジュアル体験を提供します。

ダウンロードとサポート

現在、NVIDIAアプリはベータ版として提供されており、NVIDIAの公式ウェブサイトからダウンロード可能です。ベータテストの期間は明言されていませんが、GeForce Experienceとコントロールパネルはベータテストが終了するまで引き続きサポートされます。