テクノロジー

【何もしてないのに壊れた】衝撃なしでカバーガラスに亀裂:Apple Vision Proユーザーが報告

テクノロジー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Apple Vision Proの所有者から、落下や衝撃を与えていないのにも関わらずカバーガラスに亀裂が生じるという報告が相次いでいます。普通に使用している際に理由もなく亀裂が発生しているのです。

スポンサーリンク

突然の亀裂、原因は?

被害を受けたユーザーは、ヘッドセットを落としたり、強い衝撃を与えたりしていないにも関わらず、亀裂が発生していると証言しています。問題は、特に鼻の部分にきれいな亀裂が入る形で現れます。

Redditでは、少なくとも4件の同様のケースが報告されており、それぞれの亀裂の生じ方が非常に似ています。これは、Apple Vision Proがこの種の亀裂を生じやすい可能性があることを示唆しています。

問題に直面したユーザー全員が、一晩中トラベルケースで充電した後に亀裂が発生したと報告しています。この部分のガラスが過熱し、十分な柔軟性がないために亀裂が入るという仮説があります。

ひとつの説は、ストラップを締める際にガラスにかかる圧力が原因で、周囲のフレームが「たわむ」ことによって亀裂が生じているというものです。

他の推測では、問題が過熱によるもので、ガラスが膨張し、最も弱い点で割れてしまう可能性があるとされています。バッテリーがヘッドセットの外部にあるため、発生する熱は、暴走したバックグラウンドソフトウェアプロセスによるものであると考えられます。

MacRumors

Appleはこの問題を保証の観点から調査している可能性がありますが、初期の被害者に対しては、AppleCareの枠組み内で300ドルの修理を提案しています。