GameLost Arkゲームニュース

NA/EU『LOST ARK』5月から8月までのアップデートロードマップを公開。5月にはRU,JPよりも早く“スレイヤー”が実装へ。アーティスト実装から約2ヶ月。

Lost Ark

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NA/EUでロストアークの運営を行っているAmazon Gamesは4月26日に5月から8月までのアップデートロードマップを公開しました。

  • 5月:新クラス『スレイヤー』、利便性向上など
  • 6月:新大陸『エルガシア』など
  • 7月:ヘル難易度『クークセイトン』、エルガシア エピローグ、利便性向上など
  • 8月:軍団長レイド『イリアカン』、新クラス『エアロマンサー』(ウェザーリスト)

アーティスト実装から約2ヶ月

今年の1月に韓国で実装された新クラス“スレイヤー”ですが、NA/EUではRU、JPよりも早くに実装される事が明らかになりました。先日、当サイトでもお伝えしましたがRUサーバーでは6月にスレイヤーの実装を予定。
気になるJPサーバーでの実装時期についてですが、JP公式サイトの2023年アップデートロードマップには6月までの内容のみ記載しており、7月からは未だに公開されておりません。
NA/EU、RUの実装発表もあり、もしかすると、7月-8月のアップデートで実装されるのではないかと考えられます。

また、NA/EUでは3月に“アーティスト”を実装、約2ヶ月で次の新クラスが実装されるという非常に速いペースでアップデートが行われております。軍団長レイドに関しても、4月にアヴレシュド“ハード”が実装したばかり。
海外の掲示板Redditでは、ユーザーからも新規コンテンツの実装ペースが速い、ゲーム内のコンテンツが多いなどの声が上がっています。

日本では更新頻度が低すぎることからユーザーが継続してプレイするのが難しいという失敗がありましたが、更新頻度が高すぎても、ユーザー同士の進行度に差が開きすぎたり、次のコンテンツへの準備する時間が無かったりと色々問題があるように思えます。


LOST ARK』は株式会社ゲームオンより基本プレイ無料でPC向けに配信中。
4月19日には新規大陸『エルガシア』が実装。また、キャラクターを一気に成長出来る『ジャンピングイベント』も開催中。