ゲームニュースパルワールド

PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が『パルワールド』の動物虐待に関する声明を出す

パルワールド

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パルワールドの動物虐待奴隷労働に関するテーマに関して、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が声明を出したとINSIDER GAMINGが報じています。

パルワールドが急速に人気を集めている一方で、その内容には論争が絶えないようです。パルワールドでは可愛らしい動物たちにアサルトライフルを装備させ、他の生き物と戦わせる要素が含まれており、ゲーム内での動物虐待や奴隷労働に関するテーマが注目を集めています。これが動物虐待を嫌う活動家たちの中で議論の的となっています。

INSIDER GAMINGがPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)に問い合わせた結果、プログラム担当副社長であるエリサ・アレンからの声明がありました。

PETAはすでに多くのパルワールドファンからの声を聞いています。彼らは「パル」を食べる興味がなく、ゲーム用にヴィーガンガイドが作成されることを望んでいます。それは「ヴィーガンアリー」ですし、ゲーマーたちはゲームの世界と外でヴィーガン食を選ぶことで動物たちを助けたいと思っています。

ヴィーガニュアリー:人々に植物性食品のみを摂取するよう奨励するキャンペーン

しかし、奴隷労働や死の苦痛に焦点を当てたゲームの要素についてはコメントがないため、PETAの立場が完全に明確でない部分もあります。個々のプレイヤーや支持者がこのゲームの内容に対してどのように感じるかは個々の価値観に依存するでしょう。

あなたはどう思いますか?

Mag
Mag

可愛らしいキャラクターが銃器を持ったり自爆させられたり、うつ状態になっても働かせ続けられるってのに嫌悪感を抱くのは理解できるね。