グラフィックボード

NVIDIAが独自の対話型AI「Chat With RTX」を発表:PC上での高速動作を実現

グラフィックボード

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NVIDIAは、自社のAIエコシステムを拡大する一環として、Windows PC向けの独自対話型AI「Chat With RTX」を発表しました。この対話型AIは、最新のRTXシリーズのグラフィックカードを搭載したPC上で無料で利用可能です。

NVIDIAによると、この対話型AIは他の競合製品とは異なり、ウェブページやアプリ上ではなく、PCにダウンロードしてインストールすることで動作します。これにより、Chat With RTXはより高速に動作し、チャット内容に関する制限も少なくなります。

スポンサーリンク

必要なシステム要件

「Chat With RTX」を利用するには、RTX 30または40シリーズのグラフィックカード(最低8GBのメモリが必要)、Windows 10またはWindows 11のオペレーティングシステム、そして最低16GBのRAMが必要です。インストールには約35GBのディスクスペースが必要となります。

システム要件

プラットフォームWindows
GPUNVIDIA GeForce™ RTX 30または40シリーズGPU、または少なくとも8GBのVRAMを備えたNVIDIA RTX™ AmpereまたはAda世代GPU
RAM16GB以上
OSWindows 11
ドライバ535.11以降

このツールはローカライズされたシステムとして設計されており、インターネットに接続せずにPC上で常時利用できる、パーソナライズされたGPTベースの対話型AIを提供します。ユーザーは自分のPCに保存されているデータセットを使用してChat With RTXを完全にカスタマイズできます。

技術デモ版としての提供

NVIDIAは、「Chat With RTX」を技術デモ版として提供しており、その機能は限定的であり、ネットワーク上で完璧に動作するとは限りません。しかし、この対話型AIはインターネット上のデータだけでなく、ローカルファイルとも連携できます。たとえば、ユーザーが提供したYouTubeのリンクからビデオの要約を生成することができます。

NVIDIAは、すべての処理がローカルで行われ、ユーザーデータが同社のサーバーに送信されないことを強調しています。ただし、この対話型AIを使うには、比較的高性能なハードウェアが必要になります。

「Chat With RTX」には、オープンソースの二つの大きな言語モデル、MistralとLlama 2が使用されています。ユーザーは起動時に自分の好みに合わせてモデルを選択できます。また、YouTubeビデオのリンクを送ると、そのコンテキストを理解する能力も備えています。

この革新的な対話型AIにより、NVIDIAはPC上でのAI利用の新たな地平を開き、ユーザー体験を向上させることを目指しています。

「Chat With RTX」のダウンロードはこちらから
https://www.nvidia.com/en-us/ai-on-rtx/chat-with-rtx-generative-ai/