カルチャー

ドラマ『Fallout』特殊効果の舞台裏を公開!リアルな撮影とCGIの融合

カルチャー

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『Fallout』ドラマの制作チームが、特殊効果の舞台裏を紹介するメイキング映像を公開しました。この映像では、実際のロケーション撮影と特殊効果がどのように組み合わされているかが詳しく解説されています。

スポンサーリンク

リアルな撮影とセットの活用

メイキング映像によると、多くのシーンは実際の場所で撮影され、映画的な視覚を実現するために、ロケ地撮影を重視し、ニューヨーク市やナミビア、ユタ州などで大規模なセットを組みました。実際のロケ地と物理的なセットを使うことで、デジタルでは再現できないリアルなポストアポカリプスの風景を創り出しているとジョナサン・ノーラン氏は語ります。

特殊効果は主に細部の調整や背景の修正に使われています。例えば、撮影セットには本物の飛行機の一部が使用され、主人公が水没した都市を歩くシーンも実際に撮影されました。また、ドラマに登場する洞窟の多くも本物です。

さらに、LEDスクリーンの壁を使った撮影技術も紹介されました。ゲームエンジンで描かれた映像をスクリーンに投影し、その前で俳優たちが演技を行うことで、現実感のあるシーンを作り出しています。特に、Brotherhood of Steelのシーンはこの技術を使って撮影されました。

リアルな装備とCGIの融合

驚いたことに、パワーアーマーの飛行シーンは実際のジェットパックを使って撮影されました。パイロットは一部のアーマーを装着しながら飛行シーンを演じています。また、完全にCGIで作られたシーンもあり、例えばグリフィス天文台の空撮はCGIで描かれています。

『Fallout』は、同名の人気ビデオゲームシリーズを基にしたドラマシリーズです。核戦争後の荒廃した世界を舞台に、人々が生き残りをかけて戦う姿を描いています。リアルな映像美と深いストーリーが特徴で、多くのファンを魅了しています。視覚効果と技術を融合させた壮大なスケールを持っており、視覚的な体験に観客を引き込むために非常に野心的に作られました。

fallout

フォールアウト シーズン1
2024年
★★★★☆


コミュニティの反応

すごい。ビフォーアフターを見てみると、たくさんの実際のセットピースが使われてたんだな!

この素晴らしいシリーズを作ってくれてありがとう、皆さん!

驚きだった!みんな素晴らしい仕事をした!

VFXチームに適切なスペースを与えてくれてありがとう。このようなショーを作る技術を見せてくれてありがとう!

待て、本当にジェットパックがあったのか

これらのインタビューの拡張版が待ちきれない

私にとってこの10年間で最高のテレビショーだ!ディテールがゲームそのままで、言葉を失ったよ。

他の設定やキャラクターでのフォールアウトにも興味がある。大人向けのアニメ番組から始めるのもいいかも。