ゲームニュースゲームレビュー

新作MMORPG『Pax Dei』の早期アクセスが不評の嵐!将来的なアップデートや改善に期待が集まる

Pax Dei ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mainframe Industriesの新作MMORPG『Pax Dei』が早期アクセスでリリースされましたが、プレイヤーからの評価は厳しいものとなっています。現在、Steamでの評価は52%と低迷しており、多くのユーザーがゲームのパフォーマンスやバグに不満を抱いています。

『Pax Dei』は、Mainframe Industriesが開発したMMORPGで、大規模なオープンワールドサンドボックスとサバイバル要素が特徴です。プレイヤー同士の社会的な交流や協力が重要な役割を果たし、経済や宗教、資源の取引などもプレイヤーが主体となって行います。

スポンサーリンク

主要な不満点

  • 高額な購入価格
    早期アクセスに参加するには、\5,900と、EAにしては価格設定が強気。
  • クラウド技術の不使用
    開始直前にクラウド技術の使用を断念、低スペックのデバイスでのプレイが困難に。
  • パフォーマンスとネットコードの問題
    ゲームの最適化不足やネットコードの問題により、快適なプレイが難しい。
  • 戦闘システムの問題
    同期のズレや武器アニメーションの欠如など、戦闘システムに多くの問題があり。
  • PvPの制限
    オープンワールドでのPvPが制限され、特定のゾーンでのみ戦闘が可能。
  • クラフトシステムの不満
    クラフトの成功率が職業レベルに大きく依存し、多くの時間を費やさないとアイテムの製作が難しい。
  • 未実装機能
    現在のバージョンでは、交易や大規模な都市建設、輸送手段など、多くのサバイバルゲームに期待される機能が実装されていない。

将来への期待と現状の評価

一部のメディアやプレイヤーは、現在のアルファバージョンはあくまで基盤に過ぎないと考え、将来の成功に期待を寄せています。開発チームは、最低でも1年間の早期アクセス期間を経て、価格の引き上げや有料サブスクリプションの導入を計画しています。

現時点では、これはかなり一般的なサバイバルクラフトですが、今後はもっと進化していく可能性があります。

pcgamer

『Pax Dei』の現状の評価は厳しいものの、将来的なアップデートや改善によって、成功する可能性も秘めています。開発チームの今後の取り組みに注目が集まっています。


コミュニティの反応

まだ40ドルの価値はないな。

あと1年待った方がいい

タイトルでエラー吐いてクラッシュする。何度試しても同じ。即返金案件。

バグで家が作れない致命的な問題。。。まともに遊べない1日目。

めっちゃ重い

発売直後に購入して1時間ほど遊んだけど、ゲームのコンセプトは個人的にすごく好み。でも参加のハードルが高い。一旦返品して、日本語環境やアジアサーバができたりセールが来たら再購入を検討する予定。

賛否両論だけど自分は好き。アーリーアクセスが始まったばかりでコンテンツはこれからだけど、独特のサバクラ要素と建設主体のゲームは面白い。土地争奪戦や維持の手間がないプロットシステムが良い。マップの広さもあり、気持ちよく自分たちの街を作れる。賛否両論になるのも分かるけど流行って欲しいので感想をば。