ゲームニュース

暴力満載ネコちゃんアクション『Gori: Cuddly Carnage』日本語版が規制対象に!血の色変更と残酷シーンを削除

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Angry Demon StudiosとWired Productionsが開発中のアクションゲーム『Gori: Cuddly Carnage』が、日本向けに一部の表現に対して規制を受けることが決定しました。本作は、ホバーボードに乗る猫型人工ペットの主人公ゴーリが滅亡した世界を舞台に、大人向けのユーモア満載の過激な戦闘を繰り広げる作品となっています。

スポンサーリンク

血の色変更と残酷なシーンは削除

『Gori: Cuddly Carnage』は、滅亡した世界を舞台にしたアクションゲームです。プレイヤーは、ホバーボードに乗るされた猫「ゴーリ」を操作し、ゾンビ化したユニコーンや変異した歪んだおもちゃと戦います。ゲームはその独特のアートスタイルとユーモア、暴力表現満載のアクションで注目を集めています。

Wired Productionsは、ゲームのリリースに先立ち、日本版ではいくつかの修正を加えることを発表しました。具体的には、ゲーム内の血の色が赤から紫に変更され、“パープルジュース”と称されています。また、「いくつかの死体」も削除され、暴力描写のレベルが抑えられることとなりました。

どうやらGoriはちょっとグロすぎるようです。Gori: Cuddly Carnageは超クールなビデオゲームです。プレイヤーはホバーボードに乗った猫となり、邪悪なユニコーンやその他のひねくれたおもちゃを倒します。8月29日にリリースされる予定で、おそらくこれまでで最高の「猫がユニコーンを倒すゲーム」でしょう。

Goriは、少し変わった素晴らしいスウェーデン人の友達3人組、Angry Demon Studiosによって作られました。まだゲームをホワイトリストに入れていないなら、何を待っているのか分かりません – 指でも、肉球でも、他のどの部分でもタップして、少しの愛を見せてください。また、日本の一部の人々は敵を倒すと画面に飛び散る血の量に驚いたようで、そのためこの地域向けに少し検閲されています。ゲーム中に大量の血が見える代わりに、今では「紫のトイジュース」が見えるようになっています。

これは完全に血を再着色したものではありません。死体も少し削除しました。需要があれば、すべての地域とフォーマットにこのオプションを追加します。それでも邪悪なユニコーンから血が流れるのを見たくない理由は私たちには理解できませんが。追伸、デモ版は8月にリリースされます。また、これを共有しない人は反猫派です。

検閲版で保存された血の量により、チームのメンバー数名が@GiveBloodNHSに寄付する予定で、他の人々もGoriの名前で寄付するよう呼びかけています。

ニャー

https://x.com/WiredP/status/1805704454051647847

また、もし需要があれば、血の色を変更するオプションを他の地域やフォーマットにも提供する可能性があると述べています。

『Gori: Cuddly Carnage』は2024年8月29日に発売予定で、リリース前には公開デモ版が提供される予定です。