ゲームニュース

カプコンが東京ゲームショウ2023で披露した『ドラゴンズドグマ2』:リーク情報によるゲームの最新情報が明らかに

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京ゲームショウ2023で、カプコンは期待のRPG『ドラゴンズドグマ2』のプレゼンテーションを盛大に行った。開発者は新鮮なゲームプレイを何十分も公開し、オープンワールドの魅力を伝え、イベント参加者に未来のヒット作を個人的に評価する機会を与えた。それだけでは満足できないということで、同ネットワークはドラゴンズドグマ2のゲームプレイの詳細とゲームのストーリーをリークした。

この大規模なリークは、4chanに投稿した匿名のユーザーによって共有された。通常、この掲示板は信頼性に欠けるが、今回は違う。当時は、怪しい情報筋によるリーク情報には誰も注目していなかったが、東京ゲームショウ2023での新たなデモのおかげで、多くの内部関係者がいることが確認された。

リークで明らかになった情報は以下の通りである。

  • 4つの主要なサブクラス(TGS2023で確認済み)
  • モンスターや他の敵のランダムな待ち伏せが期待される(プレビューとトレーラーで確認済み)
  • プレイヤーは居住地を持ったりキャンプを張ったりすることができる(TGS 2023で確認済み)
  • プロットは呪われた仮面/ミイラに関連している(トレーラーで示唆されている)
  • ゲームはゲーム10周年で正式に発表される(確認済み)
  • ゲームディレクターの伊津野英昭氏とドラゴンズドグマ2の開発チームは、REのエンジニアと密接に協力し、ゲームを最適化している(開発者へのインタビューで確認済み)

ドラゴンズドグマ2のプロット情報は以下の通りである。

  • 主なストーリーは、予告編でほのめかされていた呪われた仮面/ミイラの「Phersu(ファース)」に焦点を当てている。ゲームの一部ではマスクを外すことができず、別の部分では外すことができる。マスクを外すと、世界全体が変化する。
  • このゲームはオリジナルのソフトリブート版であり、異なる宇宙を舞台にしている。また、オリジナル版『ドラゴンズドグマ』の前日譚である。
  • 解決するクエストによって世界の状態が変化する。
  • ゲームにはチュートリアルパートがあり、故郷の近くのダンジョンに探索に行き、戻ってくるとドラゴンに襲われる。

その他、まだ公式には確認されていない情報もある。

  • このゲームには1つの「スターター」、4つの「メイン」、12の「サブクラス」があり、合計で16または17の職業が存在する。
  • ミスティック、ナイト、グラディエーター、スパイ、プリーストなどのクラスもある(名称は仮称)。
  • 初めのクラスは「エクスプローラー」と呼ばれ、ゲームの序盤を担当する。
  • オープンワールドは存在しないが、広大な地域や12の非常に大きなダンジョン、数十の探索可能な洞窟がある。
  • キャラクターのエディット機能は非常に高度であり、コンパニオンの作成も非常に複雑である。キャラクターの体の特定の部分の脂肪の量や、骨格との比率を変えることさえできる。
  • 高難易度モードも存在する。
  • ゲームには4つの地域がある。
  • エンドゲームコンテンツとしては、人数制限のあるモジュール式ダンジョンなどが充実している。完全協力プレイは計画されていたが、技術的な理由で中止された。
  • 開発者はゲームの終盤のコンテンツを追加する予定であり、アップデートや拡張も計画している

リークの投稿者は書いているように、『ドラゴンズドグマ2』の開発は『サイバーパンク2077』の失敗から大きな影響を受けている。技術的な問題とプレイヤーの否定的な反応により、カプコンはRPG制作のアプローチを完全に見直すことになった。同社は、ゲームのあらゆる面を磨き上げるために開発者にほぼ無制限の時間を与えることに同意しており、そのためまだ発売日を急いで発表していない。

当初、ドラゴンズドグマ2は2023年秋に発売される予定だったが、サイバーパンク2077の状況を受けて、その時期は見送られた。カプコンは約100人の社員がゲーム開発に携わっており、他の契約スタジオからも50人以上の社員を雇用している。

【PR】BESTSELLER – Dragon’s Dogma: Dark Arisen BESTSELLER - Dragon's Dogma: Dark Arisen

Source