ゲームニュース

『Skull and Bones』の価格は高すぎる?開発費回収を目指すUbisoftにプレイヤーから疑問の声

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ubisoftの長年にわたる開発プロジェクト『Skull and Bones』が、ついにリリースの日を迎えます。しかし、70ドル(日本では7,920円)という価格に対して、ゲームの品質がそれに見合っているかどうかについて、多くのプレイヤーから疑問の声が上がっています。

2013年から開発が始まり、度重なる延期を経て完成したこの海賊テーマの本作は、開発費が1億2000万ドル(約132億円)を超える大規模プロジェクトでした。そのため、Ubisoftはこのゲームを通じて、投じた開発費を回収したい意向ですが、オープンベータテストを経た現時点で、一部のファンはその価値を疑っています。

Skull and Bones
スポンサーリンク

プレイヤーの期待と実際の評価

Redditに投稿されたファンの意見によると、「ゲーム自体は嫌いではないが、70ドルという価格に見合った価値を感じない」とのこと。さらに、「数ヶ月後に値下がりした時に購入する」というコメントも見られました。

批判の中心にあるのは、ゲームのクエストが単純過ぎる点や、オープンワールドのマップに目新しさがない点です。一方で、海戦については肯定的な意見もありますが、多くのプレイヤーは『Sid Meyer’s Pirates』のような、よりクラシックな海賊ゲームの続編やリメイクを望んでいるようです。

販売価格がこのゲームの命取りになる

これはゲームが嫌いだと言っているわけではありません。一定のファンを見つける可能性はあると思いますが、フルプライスでさらに課金ショップまで含まれているとなると、あまり受け入れられない気がします。

もし開発地獄を経ず、開発費を取り戻す必要がなければ、このゲームは30ドルから最大で40ドル、あるいは無料プレイの方がふさわしいと思います。

グラフィックは平均以下で、プレゼンテーションはまあまあ、クエストは極めて基本的で、リソース収集は数字を追うモバイルゲームを彷彿とさせ、世界には本当に特筆すべきものが何もありません。探索もなければ、基本的なカットシーンや会話などもありません。

私の意見では、戦闘や見た目のカスタマイズ、ソーシャル機能がこのゲームを支えている部分もあります。このゲームが失敗するのを見たくはありませんし(どんなゲームも失敗してほしくはありませんが)、個人的には良いゲームだとは思えず、AAAタイトルの価格であることを考えると、このゲームやコンセプトに興味を持つ人が購入するとは思えません。

これは4時間ほどプレイした後の個人的な感想です。

The Cost Of Entry Will Kill This Game
Skull and Bones

Ubisoftは『Skull and Bones』が長期にわたってプレイされ、ライブサービスゲームとしての地位を確立することを目指していますが、オープンベータテストの反応は同社にとって厳しいものとなりました。しかし、本作がサブスクサービスであるPC Game Passに登録されたり、大幅な割引が行われたりすることで、より広いプレイヤーを獲得できる可能性があります。

リリースが間近に迫る中、『Skull and Bones』がファンの期待に応えることができるのか、そしてUbisoftの自信が正当化されるのか、今後も注目です。

image