ゲームニュース

『FF14: 暁月のフィナーレ』のコンテンツ不足がプレイヤーにとって厳しい一撃

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファイナルファンタジー14の最新拡張コンテンツ『暁月のフィナーレ』のリリース後、プレイヤーたちは多くの新コンテンツを楽しんだものの、その後の更新が期待に比べて少ないと感じる声が増えていると海外メディアが報じています。

これは、MMORPGとしての継続的な楽しみを提供することの難しさを示していますが、同時に開発チームがこのフィードバックをどのように取り入れているかにも注目が集まっています。

スポンサーリンク

コンテンツ不足の現状

『暁月のフィナーレ』リリース後、「ヴァリアントダンジョン」「アナザーダンジョン」などの新しいゲームプレイの追加はプレイヤーから好評を博しました。しかし、一部のプレイヤーは、これらのコンテンツ間のギャップが大きく、継続してゲームを楽しむための「繰り返しプレイ」の要素が不足していると感じています。

特に、新しい「マンダヴィルウェポン」の取得が以前に比べて容易になり、多くのプレイヤーが挑戦する動機を失っているとの意見もあります。

MMORPGとしてプレイヤーベースを常にゲーム内で忙しくさせるべきだという一般的な考え方に照らし合わせると、現在のコンテンツの量では十分ではないという声が上がっています。「World of Warcraft」などのMMORPGはこの点で有名ですが、FFXIVでは今回、多くのプレイヤーがゲームから離れる原因となっているようです。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=layFa3AUdRM

プレイヤーの期待と開発チームの対応

多くのゲーマーは、FFXIVが提供する「テーマパーク」のような多様なエンターテイメントに対して高い期待を持っています。そのため、コンテンツ不足が感じられる今、開発チームがどのように対応するかが注目されています。

幸いなことに、開発チームはプレイヤーの声に耳を傾け、特に「探索型オープンワールドコンテンツ」の要望に応える形で、次の大型アップデート「黄金のレガシー」にて改善を約束しています。これには、「カジュアル」コンテンツやグラフィックのアップデート、さらにはゲーム内ファッションシステムの大幅な改善が含まれます。

「黄金のレガシー」のリリースを前に、多くのプレイヤーが戻ってきて、コミュニティ内で楽観的なムードが高まっています。『FFXIV』は、常にプレイしていたいと思わせるゲームであり続けていますが、今回はそのきっかけが少なかったと感じているプレイヤーも多いようです。

image