ゲームニュース

“DaD”を彷彿とさせる『GREED IS GOOD』のクローズドβテストが9月3日より開催

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かつてPUBGの成功後にバトルロワイヤル・ジャンルがそうであったように、「Dark and Darker」の成功によって、他のゲーム開発者は“DaD”にインスパイアされた一人称視点のPvPvEジャンルに大きな可能性を見出すようになった。

そんな「新参者」のひとつに過ぎない『GREED IS GOOD』のクローズドβテストが9月3日~6日の期間に開催されるようだ。CBTに参加するには簡単なアンケートに答えて、参加コードが送られてくるのを待つ必要がある。また、アンケートの設問に『Dark and Darkerについての意見』の質問があるため、かなり意識していることが分かる。

Steamでは既にストアページが公開。ゲーム説明を読んでも まんま DaDだ。

PvPvE ゲーム「GREED IS GOOD」では、バウンティ・ハンターとして謎のダンジョンに潜入する。ゲームでは、チームメイトと協力して敵や恐怖と戦う必要がある。有毒ガスに注意し、溺れてしまう前に必ず脱出しよう。

https://store.steampowered.com/app/2452090/GREED_IS_GOOD/
Mag
Mag

開発元の情報が無さすぎてアンケートに答えるのもDiscord鯖に入るのもちょっと怖いのよw

ゲームは気になるけど、アップデート経過を見ながら様子見かな。

冒険チームを作ろう

『GREED IS GOOD』には、戦士や魔道士などさまざまな職業が用意されている。それぞれの職業には固有のスキルポイントや戦闘テクニックがあり、それらを自由に組み合わせて自分だけの冒険チームを作ることができる。剣、短剣、弓など、さまざまな武器を選ぶことができる。何でもありだ。

危険な冒険

賞金稼ぎである君の目標は、ダンジョンで貴重な財宝を見つけることだ。暗いトンネルには、スケルトン、ゾンビ、毒虫、さらに危険な存在、他の賞金稼ぎなど、あらゆる危険が潜んでいる。チャンスと危険の両方が存在し、生死はまさに偶然の産物なのだ。希少なポータルを見つけ、生き延びよう。

探索と成長

危険にもかかわらず、ダンジョンには多くの宝が眠っている。道中では、戦闘を有利に進めるための武器や装備を見つけることができる。また、武器や装備は交易所で売ることができ、より多くのコインを手に入れることができる。

呪われたダンジョン

賞金稼ぎをダンジョンの奥深くに送り込むのは気まぐれではない。西暦1417年の秋、ユーロパスの皇帝が軍隊をダラゴン砂漠に派遣した。兵士たちはダンジョンを探検し、謎めいた財宝を持ち帰った。しかし、部隊は大きな損害を被った。生き残った兵士のほとんどは、帰還後1週間も経たないうちに狂乱状態に陥り、「怪物」「悪夢」「黒い霧」といった言葉を叫んだ。長年戦場で戦い続けてきたモンク将軍でさえも、帰還後2ヶ月目には自宅で不慮の死を遂げた。
そして賞金稼ぎであるあなたは、ダンジョンでどんな恐怖に遭遇するのだろうか?