ゲームニュース

『Helldivers 2』開発に2018年のエンジン使用?パフォーマンス問題の原因か

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

多数のプレイヤー数やサーバーの問題で度々話題に上がる『Helldivers 2』ですが、2018年以降サポートされていないStingrayエンジンを使用して開発されたことが明らかになりました。

この情報は、クリエイティブデベロッパーのアンディ・タッチ氏によって指摘され、ゲーム業界内で注目を集めています。Stingrayエンジンは、かつてAutodeskによって開発され、『Escape Dead Island』や『Warhammer: Vermintide 2』などのゲームに使用されていました。

ちょっと待って、Helldivers 2はAutodeskのStingrayエンジンで作られたの?!しばらく見なかったエンジン名だったので驚きました。

@andytouch
スポンサーリンク

古い技術の影響

『Helldivers』の初代作もこのエンジンを使用しており、Arrowhead Game Studiosは続編においても同じ技術を採用することを決定しました。これは、開発チームがエンジンに多くの独自の改良を加えていたためと考えられます。しかし、Stingrayエンジンが高いネットワーク負荷に適応していない可能性があり、『Helldivers 2』が直面している一部の問題の原因であると指摘されています。

Arrowhead Game Studiosの代表、ヨハン・ピレステッド氏は、ゲームの問題と古いエンジンの関連性についてはコメントしていませんが、開発チームは新しいサーバーの購入よりもコードの最適化に焦点を当てていると述べています。『Helldivers 2』の開発がStingrayエンジンのサポート終了前に開始された可能性もあり、これが古い技術の使用を選択した理由の一つであるかもしれません。

お金の問題や、サーバーをもっと買う問題ではありません。労働の問題です。バックエンドのコードを最適化する必要があります。私たちは実際の限界に達しています。

@Pilestedt