ゲームニュース

Nintendo Switch 2、PS4 Proと匹敵する性能を展開?最新の技術分析

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Nintendo Switchの後継機が、据置モードでPlayStation 4 Proに匹敵する性能を持つとされていると、技術系YouTubeチャンネル「Moore’s Law is Dead」が最近の動画で報告しました。

同チャンネルによると、Switch 2はSamsungの8nmプロセス技術を採用し、12GBのメモリを搭載するとのこと。この情報は、Nintendoがパフォーマンスに無関心ではなく、ある一定の性能目標を設定していることを示唆しています。

比較と期待

「Moore’s Law is Dead」によると、Switch 2のパフォーマンスは、Xbox One Xと比較されていますが、PS4 Proがより近い比較対象とされています。

特に、据え置きモードでは、Switch 2はPS4 Proと同等の性能を発揮する可能性があるとのこと。ただし、携帯モードに関しては、Steam Deckに比べてグラフィックは20-30%高速だが、CPUは若干劣るとされています。

また、トレーシング技術やバッテリー寿命に関しても、Nintendoの新機種はSteam Deckよりも優れている可能性が高いと分析されています。

コメント欄では、Switch 2の高い性能を期待していると同時に携帯性やバッテリー寿命、さらには価格設定にも注目しています。また、ゲームライブラリの互換性や、より進化したストレージオプションに対する要望も強く、Switch 1で購入したタイトルをSwitch 2で引き続き楽しめることが重要視されています。