ゲームニュース

任天堂とYuzuの開発者が240万ドルで和解に至り、エミュレータ「Yuzu」の公開を停止

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

任天堂がNintendo Switchのエミュレータ「Yuzu」の開発者であるTropic Haze氏に対して起した訴訟が、240万ドル(日本円で約3億6,095万)の和解金で解決に至ったと海外メディアが報じています。

この和解により、Yuzuのプログラムとソースコードは公開停止になり、公式ウェブサイトやSNSも閉鎖されることになりました。

スポンサーリンク

和解の背景と影響

任天堂は、Yuzuが同社のゲームの違法ダウンロードを助長したと主張し、莫大な損害賠償を求めていました。和解合意により、Tropic Hazeはエミュレータの提供を停止し、そのソースコードを放棄することに同意しました。さらに、Tropic Hazeは任天堂のソフトウェアをエミュレートする新しいサービスや企業を立ち上げることも禁じられています。

この事件は、エミュレータ開発者とゲーム会社との間の法的な線引きに新たな光を当て、他のエミュレータサービスにも影響を与える可能性があります。ゲームコミュニティ内でのこの種の法的な争いは、著作権保護とユーザーの利便性のバランスを模索する上で、重要な議論を呼び起こしています。

Yuzuの開発チームは、𝕏にてメッセージを発表し、プロジェクトは情熱から始まったものであり、海賊行為に反対していると述べました。しかし、一部の人々が任天堂の保護措置を回避し、正式リリース前にゲームコンテンツを流出させることに失望しているとも述べています。結果として、プログラムとソースコードの提供を中止し、PatreonとDiscordサーバーも閉鎖しました。

こんにちは、YuzuユーザーとCitraファンの皆さん:

本日は、YuzuとYuzuのCitraサポートが、即時に終了することをお知らせするために書いています。

Yuzuチームは常に海賊行為に反対してきました。私たちは、任天堂とそのコンソール、ゲームへの情熱から、善意でプロジェクトを始めましたが、害を及ぼす意図はありませんでした。しかし、私たちのプロジェクトが任天堂の技術的保護措置を回避し、ユーザーが公認されていないハードウェアでゲームをプレイできるようにするため、広範な海賊行為につながってしまったことがわかりました。特に、ユーザーが私たちのソフトウェアを使用してゲームコンテンツをリリース前に流出させ、正規の購入者やファンの体験を台無しにしたことに、深く失望しました。

このような状況をこれ以上許すわけにはいかないという結論に至りました。海賊行為は決して私たちの意図ではなく、ビデオゲームやゲームコンソール上での海賊行為は終わるべきだと信じています。本日より、私たちはコードリポジトリをオフラインにし、PatreonアカウントとDiscordサーバーを廃止し、そして間もなくウェブサイトも閉鎖します。私たちの行動が、すべてのクリエイターの作品の海賊行為を終わらせるための小さな一歩となることを願っています。

長年のサポートと私たちの決断を理解していただき、ありがとうございました。

@yuzuemu