ゲームニュース

トッド・ハワード氏が『The Elder Scrolls VI』について語る:「究極のファンタジー世界のシミュレーターにしたい」

ゲームニュース

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベセスダのトッド・ハワード氏はGQ MAGAZINEのインタビューで、『Starfield』に加えて『The Elder Scrolls VI』についても語り、ゲーム開発を永遠に続けたいと発言。また、『The Elder Scrolls VI』の発表は時期尚早だったかもしれないとも延べた。

『The Elder Scrolls VI』は2018年6月に発表されたが、それ以来このゲームについてはほとんど何も聞かれておらず、最終的な名前さえも知られていない。インタビューでハワード氏は、発表するタイミングが適切だったかどうか何度か悩んだと語り、「わからない。僕なら、もっと気軽に発表していたかもしれないね」と締めくくった。

同氏によれば、『The Elder Scrolls VI』にはすでにコードネームがあるというが、それは明かさなかった。具体的な詳細も明かさず、「ファンタジー世界の完璧なシミュレーションの役割を果たすだろう。そして、過ぎ去った時間を考えれば、それを達成するためのさまざまな方法がある」とだけ述べた。 つまり、いろいろなことが考えられるということだ。

(『The Elder Scrolls VI』について)何を成し遂げたいのか、教えてくれますか?

「答えたくないけど、丁寧に答えたい。究極のファンタジー世界のシミュレーターという役割を果たしたいんだ。」

https://www.gq-magazine.co.uk/article/starfield-todd-howard-interview

自身の引退(ハワードは53歳)について聞かれ、日本のゲームプロデューサー宮本茂 氏の名前を出し長く働きたいと語った。

ずっとやっていきたいんだ。私の仕事のやり方はおそらく進化していくと思うけど…宮本茂を見てごらん、任天堂のアイコンは今年71歳になった。彼はまだやっている。

https://www.gq-magazine.co.uk/article/starfield-todd-howard-interview

過去には『Starfield』について「誰もが一度はプレイしてみたかったSFゲームのすべてがここにある」と発言しており、「究極のSF世界のシミュレーター」の開発経験を踏まえて『The Elder Scrolls VI』が制作されると思うと我々が想像出来る以上のゲームになるのではないだろうか。5年後か10年後かはたまた20年後か、リリースがいつになるか現時点では不明だが、まずはStarfieldの世界を存分に体験して待っていよう。

Mag
Mag

究極のファンタジー世界のシミュレーター…究極のPCスペックも必要になりそうだ。